Menu Close

3.11.4. Descheduler プロファイルの設定

Descheduler が Pod のエビクトに使用するプロファイルを設定できます。

前提条件

  • クラスター管理者の権限

手順

  1. KubeDescheduler オブジェクトを編集します。

    $ oc edit kubedeschedulers.operator.openshift.io cluster -n openshift-kube-descheduler-operator
  2. spec.profiles セクションに 1 つ以上のプロファイルを指定します。

    apiVersion: operator.openshift.io/v1beta1
    kind: KubeDescheduler
    metadata:
      name: cluster
      namespace: openshift-kube-descheduler-operator
    spec:
      deschedulingIntervalSeconds: 3600
      logLevel: Normal
      managementState: Managed
      operatorLogLevel: Normal
      profiles:
      - AffinityAndTaints       1
      - TopologyAndDuplicates   2
      - LifecycleAndUtilization 3
    1
    Pod 間の非アフィニティー、ノードアフィニティー、およびノードのテイントに違反する Pod をエビクトする AffinityAndTaints プロファイルを有効にします。
    2
    ノード間で同様の Pod または同じトポロジードメインの Pod を均等に分散できるように Pod をエビクトする TopologyAndDuplicates プロファイルを有効にします。
    3
    長時間実行される Pod をエビクトし、ノード間のリソース使用状況のバランスを取る、LifecycleAndUtilization プロファイルを有効にします。

    複数のプロファイルを有効にすることができますが、プロファイルを指定する順番は重要ではありません。

  3. 変更を適用するためにファイルを保存します。