Menu Close

6.3.7. Pod 内での複数の用途のためのボリュームの設定

ボリュームを、単一 Pod で複数の使用目的のためにボリュームを共有するように設定できます。この場合、volumeMounts.subPath プロパティーを使用し、ボリュームのルートの代わりにボリューム内に subPath 値を指定します。

手順

  1. ボリューム内のファイルの一覧を表示して、oc rsh コマンドを実行します。

    $ oc rsh <pod>

    出力例

    sh-4.2$ ls /path/to/volume/subpath/mount
    example_file1 example_file2 example_file3

  2. subPath を指定します。

    subPath パラメーターを含む Pod 仕様の例

    apiVersion: v1
    kind: Pod
    metadata:
      name: my-site
    spec:
        containers:
        - name: mysql
          image: mysql
          volumeMounts:
          - mountPath: /var/lib/mysql
            name: site-data
            subPath: mysql 1
        - name: php
          image: php
          volumeMounts:
          - mountPath: /var/www/html
            name: site-data
            subPath: html 2
        volumes:
        - name: site-data
          persistentVolumeClaim:
            claimName: my-site-data

    1
    データベースは mysql フォルダーに保存されます。
    2
    HTML コンテンツは html フォルダーに保存されます。