Menu Close

6.6.3. 高度な Rsync 機能の使用

oc rsync コマンドは標準の rsync よりも少ないコマンドラインのオプションを表示します。oc rsync で利用できない標準の rsync コマンドラインオプションを使用する必要がある場合 (例: --exclude-from=FILE オプション)、以下のように回避策として標準 rsync--rsh (-e) オプション、または RSYNC_RSH 環境変数を使用できる場合があります。

$ rsync --rsh='oc rsh' --exclude-from=FILE SRC POD:DEST

または、以下を実行します。

RSYNC_RSH 変数をエクスポートします。

$ export RSYNC_RSH='oc rsh'

次に、rsync コマンドを実行します。

$ rsync --exclude-from=FILE SRC POD:DEST

上記の例のいずれも標準の rsync をリモートシェルプログラムとして oc rsh を使用するように設定して リモート Pod に接続できるようにします。これらは oc rsync を実行する代替方法となります。