Menu Close

7.5.2.2. CLI を使用した Cluster Resource Override Operator のインストール

OpenShift Container Platform CLI を使用して Cluster Resource Override Operator をインストールし、クラスターでのオーバーコミットを制御できます。

前提条件

  • 制限がコンテナーに設定されていない場合、Cluster Resource Override Operator は影響を与えません。LimitRange オブジェクトを使用してプロジェクトのデフォルト制限を指定するか、または Pod 仕様で制限を設定して上書きが適用されるようにする必要があります。

手順

CLI を使用して Cluster Resource Override Operator をインストールするには、以下を実行します。

  1. Cluster Resource Override の namespace を作成します。

    1. Cluster Resource Override Operator の Namespace オブジェクト YAML ファイル (cro-namespace.yaml など) を作成します。

      apiVersion: v1
      kind: Namespace
      metadata:
        name: clusterresourceoverride-operator
    2. namespace を作成します。

      $ oc create -f <file-name>.yaml

      以下は例になります。

      $ oc create -f cro-namespace.yaml
  2. Operator グループを作成します。

    1. Cluster Resource Override Operator の OperatorGroup オブジェクトの YAML ファイル (cro-og.yaml など) を作成します。

      apiVersion: operators.coreos.com/v1
      kind: OperatorGroup
      metadata:
        name: clusterresourceoverride-operator
        namespace: clusterresourceoverride-operator
      spec:
        targetNamespaces:
          - clusterresourceoverride-operator
    2. Operator グループを作成します。

      $ oc create -f <file-name>.yaml

      以下は例になります。

      $ oc create -f cro-og.yaml
  3. サブスクリプションを作成します。

    1. Cluster Resource Override Operator の Subscription オブジェクト YAML ファイル(cro-sub.yaml など)を作成します。

      apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
      kind: Subscription
      metadata:
        name: clusterresourceoverride
        namespace: clusterresourceoverride-operator
      spec:
        channel: "4.7"
        name: clusterresourceoverride
        source: redhat-operators
        sourceNamespace: openshift-marketplace
    2. サブスクリプションを作成します。

      $ oc create -f <file-name>.yaml

      以下は例になります。

      $ oc create -f cro-sub.yaml
  4. ClusterResourceOverride カスタムリソース (CR) オブジェクトを clusterresourceoverride-operator namespace に作成します。

    1. clusterresourceoverride-operator namespace に切り替えます。

      $ oc project clusterresourceoverride-operator
    2. Cluster Resource Override Operator の ClusterResourceOverride オブジェクト YAML ファイル (cro-cr.yaml など) を作成します。

      apiVersion: operator.autoscaling.openshift.io/v1
      kind: ClusterResourceOverride
      metadata:
          name: cluster 1
      spec:
        podResourceOverride:
          spec:
            memoryRequestToLimitPercent: 50 2
            cpuRequestToLimitPercent: 25 3
            limitCPUToMemoryPercent: 200 4
      1
      名前は cluster でなければなりません。
      2
      オプション。コンテナーメモリーの制限を上書きするためのパーセンテージが使用される場合は、これを 1-100 までの値で指定します。デフォルトは 50 です。
      3
      オプション。コンテナー CPU の制限を上書きするためのパーセンテージが使用される場合は、これを 1-100 までの値で指定します。デフォルトは 25 です。
      4
      オプション。コンテナーメモリーの制限を上書きするためのパーセンテージが使用される場合は、これを指定します。1Gi の RAM の 100 パーセントでのスケーリングは、1 CPU コアに等しくなります。これは、CPU 要求を上書きする前に処理されます (設定されている場合)。デフォルトは 200 です。
    3. ClusterResourceOverride オブジェクトを作成します。

      $ oc create -f <file-name>.yaml

      以下は例になります。

      $ oc create -f cro-cr.yaml
  5. クラスターカスタムリソースのステータスをチェックして、受付 Webhook の現在の状態を確認します。

    $ oc get clusterresourceoverride cluster -n clusterresourceoverride-operator -o yaml

    Webhook の呼び出し時に、mutatingWebhookConfigurationRef セクションが表示されます。

    出力例

    apiVersion: operator.autoscaling.openshift.io/v1
    kind: ClusterResourceOverride
    metadata:
      annotations:
        kubectl.kubernetes.io/last-applied-configuration: |
          {"apiVersion":"operator.autoscaling.openshift.io/v1","kind":"ClusterResourceOverride","metadata":{"annotations":{},"name":"cluster"},"spec":{"podResourceOverride":{"spec":{"cpuRequestToLimitPercent":25,"limitCPUToMemoryPercent":200,"memoryRequestToLimitPercent":50}}}}
      creationTimestamp: "2019-12-18T22:35:02Z"
      generation: 1
      name: cluster
      resourceVersion: "127622"
      selfLink: /apis/operator.autoscaling.openshift.io/v1/clusterresourceoverrides/cluster
      uid: 978fc959-1717-4bd1-97d0-ae00ee111e8d
    spec:
      podResourceOverride:
        spec:
          cpuRequestToLimitPercent: 25
          limitCPUToMemoryPercent: 200
          memoryRequestToLimitPercent: 50
    status:
    
    ....
    
        mutatingWebhookConfigurationRef: 1
          apiVersion: admissionregistration.k8s.io/v1beta1
          kind: MutatingWebhookConfiguration
          name: clusterresourceoverrides.admission.autoscaling.openshift.io
          resourceVersion: "127621"
          uid: 98b3b8ae-d5ce-462b-8ab5-a729ea8f38f3
    
    ....

    1
    ClusterResourceOverride 受付 Webhook への参照。