Menu Close

7.2.2. コマンドラインでのクラスター容量ツールの実行

コマンドラインから OpenShift Container Platform クラスター容量ツールを実行して、クラスターにスケジュール設定可能な Pod 数を見積ることができます。

前提条件

  • OpenShift Cluster Capacity Toolを実行します。これは、RedHatエコシステムカタログからコンテナーイメージとして入手できます。
  • ツールがリソース使用状況を見積もるために使用するサンプル Pod 仕様ファイルを作成します。podspec はそのリソース要件を limits または requests として指定します。クラスター容量ツールは、Pod のリソース要件をその見積もりの分析に反映します。

    Pod 仕様入力の例は以下の通りです。

    apiVersion: v1
    kind: Pod
    metadata:
      name: small-pod
      labels:
        app: guestbook
        tier: frontend
    spec:
      containers:
      - name: php-redis
        image: gcr.io/google-samples/gb-frontend:v4
        imagePullPolicy: Always
        resources:
          limits:
            cpu: 150m
            memory: 100Mi
          requests:
            cpu: 150m
            memory: 100Mi

手順

コマンドラインでクラスター容量ツールを使用するには、次のようにします。

  1. ターミナルから、RedHatレジストリにログインします。

    $ podman login registry.redhat.io
  2. クラスター容量ツールのイメージをプルします。

    $ podman pull registry.redhat.io/openshift4/ose-cluster-capacity
  3. クラスター容量ツールを実行します。

    $ podman run -v $HOME/.kube:/kube:Z -v $(pwd):/cc:Z  ose-cluster-capacity \
    /bin/cluster-capacity --kubeconfig /kube/config --podspec /cc/pod-spec.yaml \
    --verbose 1
    1
    --verboseオプションを追加して、クラスター内の各ノードでスケジュールできるポッドの数の詳細な説明を出力することもできます。

    出力例

    small-pod pod requirements:
    	- CPU: 150m
    	- Memory: 100Mi
    
    The cluster can schedule 88 instance(s) of the pod small-pod.
    
    Termination reason: Unschedulable: 0/5 nodes are available: 2 Insufficient cpu,
    3 node(s) had taint {node-role.kubernetes.io/master: }, that the pod didn't
    tolerate.
    
    Pod distribution among nodes:
    small-pod
    	- 192.168.124.214: 45 instance(s)
    	- 192.168.124.120: 43 instance(s)

    上記の例では、クラスターにスケジュールできる推定ポッドの数は88です。