Menu Close

7.3.2. 制限範囲の作成

制限範囲をプロジェクトに適用するには、以下を実行します。

  1. 必要な仕様で LimitRange オブジェクトを作成します。

    apiVersion: "v1"
    kind: "LimitRange"
    metadata:
      name: "resource-limits" 1
    spec:
      limits:
        - type: "Pod" 2
          max:
            cpu: "2"
            memory: "1Gi"
          min:
            cpu: "200m"
            memory: "6Mi"
        - type: "Container" 3
          max:
            cpu: "2"
            memory: "1Gi"
          min:
            cpu: "100m"
            memory: "4Mi"
          default: 4
            cpu: "300m"
            memory: "200Mi"
          defaultRequest: 5
            cpu: "200m"
            memory: "100Mi"
          maxLimitRequestRatio: 6
            cpu: "10"
        - type: openshift.io/Image 7
          max:
            storage: 1Gi
        - type: openshift.io/ImageStream 8
          max:
            openshift.io/image-tags: 20
            openshift.io/images: 30
        - type: "PersistentVolumeClaim" 9
          min:
            storage: "2Gi"
          max:
            storage: "50Gi"
    1
    LimitRange オブジェクトの名前を指定します。
    2
    Pod の制限を設定するには、必要に応じて CPU およびメモリーの最小および最大要求を指定します。
    3
    コンテナーの制限を設定するには、必要に応じて CPU およびメモリーの最小および最大要求を指定します。
    4
    オプション。コンテナーの場合、Pod 仕様で指定されていない場合、コンテナーが使用できる CPU またはメモリーのデフォルト量を指定します。
    5
    オプション。コンテナーの場合、Pod 仕様で指定されていない場合、コンテナーが要求できる CPU またはメモリーのデフォルト量を指定します。
    6
    オプション。コンテナーの場合、Pod 仕様で指定できる要求に対する制限の最大比率を指定します。
    7
    Image オブジェクトの制限を設定するには、内部レジストリーにプッシュできるイメージの最大サイズを設定します。
    8
    イメージストリームの制限を設定するには、必要に応じて ImageStream オブジェクトファイルにあるイメージタグおよび参照の最大数を設定します。
    9
    永続ボリューム要求 (PVC)の制限を設定するには、要求できるストレージの最小および最大量を設定します。
  2. オブジェクトを作成します。

    $ oc create -f <limit_range_file> -n <project> 1
    1
    作成した YAML ファイルの名前と、制限を適用する必要のあるプロジェクトを指定します。