Menu Close

1.3. コンテナについて

コンテナーは、OpenShift Container Platformアプリケーションの基本ユニットであり、依存関係、ライブラリー、およびバイナリーとともにパッケージ化されたアプリケーションコードで構成されます。コンテナーは、複数の環境、および物理サーバー、仮想マシン (VM)、およびプライベートまたはパブリッククラウドなどの複数のデプロイメントターゲット間に一貫性をもたらします。

Linuxコンテナテクノロジーは、実行中のプロセスを分離し、指定されたリソースのみへのアクセスを制限するための軽量メカニズムです。管理者は、Linuxコンテナで次のようなさまざまなタスクを実行できます。

OpenShift Container Platformは、Init コンテナー と呼ばれる特殊なコンテナーを提供します。Initコンテナーは、アプリケーションコンテナーの前に実行され、アプリケーションイメージに存在しないユーティリティまたはセットアップスクリプトを含めることができます。ポッドの残りの部分がデプロイされる前に、Initコンテナを使用してタスクを実行できます。

ノード、ポッド、およびコンテナーで特定のタスクを実行する以外に、OpenShift Container Platformクラスター全体を操作して、クラスターの効率とアプリケーションポッドの高可用性を維持できます。