11.2.3.2. 移行用のネットワークポリシーのチューニング

OpenShift は、クラスターで使用されるネットワークプラグインに基づいて NetworkPolicy または EgressFirewalls を使用した Pod との間のトラフィックの制限をサポートします。移行に関連するソース namespace のいずれかがこのようなメカニズムを使用して Pod へのネットワークトラフィックを制限する場合には、この制限により移行時に Rsync Pod へのトラフィックが誤って停止される可能性があります。

ソースおよびターゲットクラスターの両方で実行される Rsync Pod は OpenShift Route 経由で相互に接続する必要があります。既存の NetworkPolicy または EgressNetworkPolicy オブジェクトは、これらのトラフィックの制限が課されないように Rsync Pod を自動的に取り除くように設定できます。

11.2.3.2.1. NetworkPolicy の設定
11.2.3.2.1.1. Rsync Pod からの egress トラフィック

Rsync Pod の一意のラベルを使用し、同期元または同期先 namespace の NetworkPolicy 設定がこのタイプのトラフィックをブロックする場合に egress トラフィックがそれらを通過することを許可できます。以下のポリシーは、namespace の Rsync Pod からの egress トラフィックを許可します。

apiVersion: networking.k8s.io/v1
kind: NetworkPolicy
metadata:
  name: allow-all-egress-from-rsync-pods
spec:
  podSelector:
    matchLabels:
      owner: directvolumemigration
      app: directvolumemigration-rsync-transfer
  egress:
  - {}
  policyTypes:
  - Egress
11.2.3.2.1.2. Rsync Pod への ingress トラフィック
apiVersion: networking.k8s.io/v1
kind: NetworkPolicy
metadata:
  name: allow-all-egress-from-rsync-pods
spec:
  podSelector:
    matchLabels:
      owner: directvolumemigration
      app: directvolumemigration-rsync-transfer
  ingress:
  - {}
  policyTypes:
  - Ingress