11.4.5. 永続ボリューム属性の編集

MigPlan カスタムリソース (CR) を作成した後、MigrationController CR は永続ボリューム (PV) を検出します。spec.persistentVolumes ブロックと status.destStorageClasses ブロックが MigPlan CR に追加されます。

spec.persistentVolumes.selection ブロックの値を編集できます。spec.persistentVolumes.selection ブロックの外部で値を変更すると、MigPlan CR が MigrationController CR によって調整されるときに値が上書きされます。

注記

spec.persistentVolumes.selection.storageClass パラメーターのデフォルト値は、次のロジックによって決定します。

  1. ソースクラスター PV が Gluster または NFS の場合のデフォルトは、accessMode: ReadWriteMany の場合は cephfsaccessMode: ReadWriteOnce の場合は cephrbd です。
  2. PV が Gluster でも NFS でもない場合、もしくはcephfs または cephrbd が使用できない場合、デフォルトは同じプロビジョナーのストレージクラスです。
  3. 同じプロビジョナーのストレージクラスが使用できない場合、デフォルトは宛先クラスターのデフォルトのストレージクラスです。

storageClass 値を、MigPlan CR の status.destStorageClasses ブロック内の任意の name パラメーターの値に変更できます。

storageClass 値が空の場合、移行後、PV にはストレージクラスがありません。このオプションは、たとえば、PV を宛先クラスターの NFS ボリュームに移動する場合に適しています。

前提条件

  • MigPlan CR が Ready 状態にある。

手順

  • MigPlan CR で spec.persistentVolumes.selection 値を編集します。

    apiVersion: migration.openshift.io/v1alpha1
    kind: MigPlan
    metadata:
      name: <migplan>
      namespace: openshift-migration
    spec:
      persistentVolumes:
      - capacity: 10Gi
        name: pvc-095a6559-b27f-11eb-b27f-021bddcaf6e4
        proposedCapacity: 10Gi
        pvc:
          accessModes:
          - ReadWriteMany
          hasReference: true
          name: mysql
          namespace: mysql-persistent
        selection:
          action: <copy> 1
          copyMethod: <filesystem> 2
          verify: true 3
          storageClass: <gp2> 4
          accessMode: <ReadWriteMany> 5
        storageClass: cephfs
    1
    許可される値は、movecopy、および skip です。サポートされているアクションが 1 つだけの場合、デフォルト値はサポートされているアクションです。複数のアクションがサポートされている場合、デフォルト値は copy です。
    2
    許可される値は、snapshot および filesystem です。デフォルト値は filesystem です。
    3
    MTC Web コンソールでファイルシステムコピーの検証オプションを選択すると、verify パラメーターが表示されます。false に設定できます。
    4
    デフォルト値を、MigPlan CR の status.destStorageClasses ブロック内の任意の name パラメーターの値に変更できます。値が指定されていない場合、PV は移行後にストレージクラスを持ちません。
    5
    使用できる値は ReadWriteOnce および ReadWriteMany です。この値が指定されていない場合、デフォルトはソースクラスター PVC のアクセスモードです。アクセスモードは、MigPlan でのみ編集できます。MTC Web コンソールを使用して編集することはできません。
関連情報