11.2.3.3. プロキシーの設定

前提条件

  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてすべてのクラスターにログインしている必要があります。

手順

  1. MigrationController CR マニフェストを取得します。

    $ oc get migrationcontroller <migration_controller> -n openshift-migration
  2. プロキシーパラメーターを更新します。

    apiVersion: migration.openshift.io/v1alpha1
    kind: MigrationController
    metadata:
      name: <migration_controller>
      namespace: openshift-migration
    ...
    spec:
      stunnel_tcp_proxy: http://<username>:<password>@<ip>:<port> 1
      noProxy: example.com 2
    1
    ボリュームの直接移行のための Stunnel プロキシー URL。
    2
    プロキシーを除外するための宛先ドメイン名、ドメイン、IP アドレス、または他のネットワーク CIDR のコンマ区切りの一覧。

    サブドメインのみと一致するように、ドメインの前に . を付けます。たとえば、.y.comx.y.com に一致しますが、 y.com には一致しません。* を使用し、すべての宛先のプロキシーをバイパスします。インストール設定で networking.machineNetwork[].cidr フィールドで定義されるネットワークに含まれていないワーカーをスケールアップする場合、それらをこの一覧に追加し、接続の問題を防ぐ必要があります。

    httpProxy または httpsProxy フィールドのいずれも設定されていない場合、このフィールドは無視されます。

  3. マニフェストを migration-controller.yaml として保存します。
  4. 更新したマニフェストを適用します。

    $ oc replace -f migration-controller.yaml -n openshift-migration