6.5.2. Multicloud Object Gateway の認証情報の取得

MCG を Migration Toolkit for Containers (MTC) のレプリケーションリポジトリーとして設定するには、Multicloud Object Gateway (MCG) 認証情報と S3 エンドポイントを取得する必要があります。OpenShift API for Data Protection (OADP) の Secret カスタムリソース (CR) を作成するには、Multicloud Object Gateway (MCG) 認証情報を取得する必要があります。

MCG は OpenShift Container Storage のコンポーネントです。

前提条件

手順

  1. NooBaa カスタムリソースで describe コマンドを実行して、S3 エンドポイントである AWS_ACCESS_KEY_ID および AWS_SECRET_ACCESS_KEY を取得します。

    これらの認証情報を使用して、MCG をレプリケーションリポジトリーとして追加します。