6.4.2.2. EgressNetworkPolicy 設定

EgressNetworkPolicy オブジェクトまたは Egress ファイアウォール は、egress トラフィックをクラスターからブロックするために設計された OpenShift コンストラクトです。

NetworkPolicy オブジェクトとは異なり、Egress ファイアウォールは namespace のすべての Pod に適用されるためにプロジェクトレベルで機能します。そのため、Rsync Pod の一意のラベルを使用すると、この制限から除外するのは Rsync Pod だけではありません。ただし、ソースおよびターゲットクラスターの CIDR 範囲をポリシーの Allow ルールに追加して、2 つのクラスター間で直接接続を設定できます。

Egress ファイアウォールが存在するクラスターに基づいて、他のクラスターの CIDR 範囲を追加して、2 つの間の egress トラフィックを許可できます。

apiVersion: network.openshift.io/v1
kind: EgressNetworkPolicy
metadata:
  name: test-egress-policy
  namespace: <namespace>
spec:
  egress:
  - to:
      cidrSelector: <cidr_of_source_or_target_cluster>
    type: Deny