9.4. RHEL コンピュートノードの準備

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) マシンを OpenShift Container Platform クラスターに追加する前に、各ホストをRed Hat Subscription Manager (RHSM) に登録し、有効な OpenShift Container Platform サブスクリプションをアタッチし、必要なリポジトリーを有効にする必要があります。

  1. 各ホストで RHSM に登録します。

    # subscription-manager register --username=<user_name> --password=<password>
  2. RHSM から最新のサブスクリプションデータをプルします。

    # subscription-manager refresh
  3. 利用可能なサブスクリプションを一覧表示します。

    # subscription-manager list --available --matches '*OpenShift*'
  4. 直前のコマンドの出力で、OpenShift Container Platform サブスクリプションのプール ID を見つけ、これをアタッチします。

    # subscription-manager attach --pool=<pool_id>
  5. yum リポジトリーをすべて無効にします。

    1. 有効にされている RHSM リポジトリーをすべて無効にします。

      # subscription-manager repos --disable="*"
    2. 残りの yum リポジトリーを一覧表示し、repo id にあるそれらの名前をメモします (ある場合) 。

      # yum repolist
    3. yum-config-manager を使用して、残りの yum リポジトリーを無効にします。

      # yum-config-manager --disable <repo_id>

      または、すべてのリポジトリーを無効にします。

      # yum-config-manager --disable \*

      利用可能なリポジトリーが多い場合には、数分の時間がかかることがあります。

  6. OpenShift Container Platform 4.7 で必要なリポジトリーのみを有効にします。

    # subscription-manager repos \
        --enable="rhel-7-server-rpms" \
        --enable="rhel-7-fast-datapath-rpms" \
        --enable="rhel-7-server-extras-rpms" \
        --enable="rhel-7-server-optional-rpms" \
        --enable="rhel-7-server-ose-4.7-rpms"
  7. ホストで firewalld を停止し、無効にします。

    # systemctl disable --now firewalld.service
    注記

    firewalld は、後で有効にすることはできません。これを実行する場合、ワーカー上の OpenShift Container Platform ログにはアクセスできません。