第1章 マシン管理の概要

マシン管理を使用して、Amazon Web Services(AWS)、Azure、Google Cloud Platform(GCP)、OpenStack、Red Hat Virtualization(RHV)、および vSphere などの基礎となるインフラストラクチャーを使用して OpenShift Container Platform クラスターを管理できます。特定のワークロードポリシーに基づいて、クラスターを制御し、クラスターのスケールアップやスケールダウンなどの自動スケーリングを実行できます。

OpenShift Container Platform クラスターは、負荷の増減時に水平にスケールアップおよびスケールダウンできます。ワークロードの変更に適応するクラスターがあることが重要になります。

マシン管理はカスタムリソース定義( CRD)として実装されます。CRD オブジェクトはクラスター内に新規の一意のオブジェクト Kind を定義し、Kubernetes API サーバーがオブジェクトのライフサイクル全体を処理できるようにします。

Machine API Operator は以下のリソースをプロビジョニングします。

  • MachineSet
  • マシン
  • Cluster Autoscaler
  • Machine Autoscaler
  • マシンのヘルスチェック

マシンセットで実行できること

クラスター管理者として、以下を実行できます。

Autoscaler

クラスターの自動スケーリングにより、ワークロードを変更するために柔軟性を持たせることができます。OpenShift Container Platform クラスターを 自動スケーリング するには、まず Cluster Autoscaler をデプロイしてから、各マシンセットに Machine Autoscaler をデプロイする必要があります。Cluster Autoscaler は、デプロイメントのニーズに応じてクラスターのサイズを拡大し、縮小します。Machine Autoscaler は、OpenShift Container Platform クラスターにデプロイするマシンセットのマシン数を調整します。

ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャー

ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャー は、OpenShift Container Platform をホストするコンピュート、ネットワーク、ストレージリソースなどのインフラストラクチャーをデプロイできる環境です。コンピュートマシンは、インストールプロセスの一環として、ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーのクラスターに追加できます

RHEL コンピュートマシンで実行できること

クラスター管理者として、以下を実行できます。