第4章 マシンセットの変更

ラベルの追加、インスタンスタイプの変更、ブロックストレージの変更など、マシンセットを変更できます。

Red Hat Virtualization(RHV)では、マシンセットを変更して異なるストレージドメインに新規ノードをプロビジョニングすることもできます。

注記

他の変更なしにマシンセットをスケーリングする必要がある場合は、「マシンセットの手動によるスケーリング」を参照してください。

4.1. マシンセットの変更

マシンセットを変更するには、MachineSet YAML を編集します。次に、各マシンを削除するか、またはマシンセットを 0 レプリカにスケールダウンしてマシンセットに関連付けられたすべてのマシンを削除します。レプリカは必要な数にスケーリングします。マシンセットへの変更は既存のマシンに影響を与えません。

他の変更を加えずに、マシンセットをスケーリングする必要がある場合、マシンを削除する必要はありません。

注記

デフォルトで、OpenShift Container Platform ルーター Pod はワーカーにデプロイされます。ルーターは Web コンソールなどの一部のクラスターリソースにアクセスすることが必要であるため、 ルーター Pod をまず再配置しない限り、ワーカーのマシンセットを 0 にスケーリングできません。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターおよび oc コマンドラインをインストールすること。
  • cluster-admin パーミッションを持つユーザーとして、oc にログインすること。

手順

  1. マシンセットを編集します。

    $ oc edit machineset <machineset> -n openshift-machine-api
  2. マシンセットを 0にスケールダウンします。

    $ oc scale --replicas=0 machineset <machineset> -n openshift-machine-api

    または、以下を実行します。

    $ oc edit machineset <machineset> -n openshift-machine-api

    マシンが削除されるまで待機します。

  3. マシンセットを随時スケールアップします。

    $ oc scale --replicas=2 machineset <machineset> -n openshift-machine-api

    または、以下を実行します。

    $ oc edit machineset <machineset> -n openshift-machine-api

    マシンが起動するまで待ちます。新規マシンにはマシンセットに加えられた変更が含まれます。