2.5.2. RHV 上のマシンセットのカスタムリソースのサンプル YAML

このサンプル YAML は、RHV で実行され、node-role.kubernetes.io/<node_role>: "" というラベルが付けられたノードを作成するマシンセットを定義します。

このサンプルでは、<infrastructure_id> はクラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID に基づくインフラストラクチャー ID であり、<role> は追加するノードラベルです。

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineSet
metadata:
  labels:
    machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 1
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <role> 2
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <role> 3
  name: <infrastructure_id>-<role> 4
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  replicas: <number_of_replicas> 5
  Selector: 6
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 7
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<role> 8
  template:
    metadata:
      labels:
        machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 9
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <role> 10
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <role> 11
        machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<role> 12
    spec:
      metadata:
        labels:
          node-role.kubernetes.io/<role>: "" 13
      providerSpec:
        value:
          apiVersion: ovirtproviderconfig.machine.openshift.io/v1beta1
          cluster_id: <ovirt_cluster_id> 14
          template_name: <ovirt_template_name> 15
          instance_type_id: <instance_type_id> 16
          cpu: 17
            sockets: <number_of_sockets> 18
            cores: <number_of_cores> 19
            threads: <number_of_threads> 20
          memory_mb: <memory_size> 21
          os_disk: 22
            size_gb: <disk_size> 23
          network_interfaces: 24
            vnic_profile_id:  <vnic_profile_id> 25
          credentialsSecret:
            name: ovirt-credentials 26
          kind: OvirtMachineProviderSpec
          type: <workload_type> 27
          userDataSecret:
            name: worker-user-data
1 7 9
クラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID を基にするインフラストラクチャー ID を指定します。OpenShift CLI (oc) がインストールされている場合は、以下のコマンドを実行してインフラストラクチャー ID を取得できます。
$ oc get -o jsonpath='{.status.infrastructureName}{"\n"}' infrastructure cluster
2 3 10 11 13
追加するノードラベルを指定します。
4 8 12
インフラストラクチャー ID およびノードラベルを指定します。これら 2 つの文字列は 35 文字を超えることができません。
5
作成するマシンの数を指定します。
6
マシンのセレクター。
14
この仮想マシンインスタンスが属する RHV クラスターの UUID を指定します。
15
マシンの作成に使用する RHV 仮想マシンテンプレートを指定します。
16
オプション: 仮想マシンインスタンスタイプを指定します。
警告

Instance_type_id フィールドは非推奨となり、今後のリリースで削除されます。

このパラメーターを含めると、CPU およびメモリーを含む仮想マシンのハードウェアパラメーターを指定する必要はありません。このパラメーターは、すべてのハードウェアパラメーターを上書きするためです。

17
オプション: CPU フィールドには、ソケット、コア、スレッドを含む CPU の設定が含まれます。
18
オプション: 仮想マシンのソケット数を指定します。
19
オプション: ソケットあたりのコア数を指定します。
20
オプション: コアあたりのスレッド数を指定します。
21
オプション: 仮想マシンのメモリーサイズを MiB 単位で指定します。
22
オプション: ノードのルートディスク。
23
オプション: ブート可能なディスクのサイズを GiB 単位で指定します。
24
オプション: 仮想マシンのネットワークインターフェースの一覧。このパラメーターを含めると、OpenShift Container Platform はテンプレートからすべてのネットワークインターフェースを破棄し、新規ネットワークインターフェースを作成します。
25
オプション: vNIC プロファイル ID を指定します。
26
RHV 認証情報を保持するシークレットの名前を指定します。
27
オプション: インスタンスが最適化されるワークロードタイプを指定します。この値は RHV VM パラメーターに影響します。サポートされる値: desktopserver (デフォルト)、high_performance です。high_performance により、仮想マシンのパフォーマンスが向上しますが、制限があります。たとえば、グラフィカルコンソールを使用して仮想マシンにはアクセスできません。詳細は、『仮想マシン管理ガイド』の「ハイパフォーマンス仮想マシン、テンプレート、およびプールの設定」を参照してください。
注記

RHV は仮想マシンの作成時にテンプレートを使用するため、任意のパラメーターの値を指定しない場合、RHV はテンプレートに指定されるパラメーターの値を使用します。