2.3.4. マシンをプリエンプション可能な仮想マシンインスタンスとしてデプロイするマシンセット

マシンを保証されていないプリエンプション可能な仮想マシン インスタンスとしてデプロイする GCP で実行されるマシンセットを作成して、コストを節約できます。プリエンプション可能な仮想マシンインスタンスは、追加の Compute Engine 容量を使用し、通常のインスタンスよりもコストが低くなります。プリエンプション可能な仮想マシンインスタンスは、バッチやステートレス、水平的に拡張可能なワークロードなどの割り込みを許容できるワークロードに使用することができます。

重要

インスタンスが終了される可能性が高まるため、コントロールプレーンマシンがプリエンプション可能な仮想マシンインスタンスで作成されないようにすることが強く推奨されます。終了したコントロールプレーンノードを置き換えるには、手動による介入が必要です。

GCP Compute Engine は、プリエンプション可能な仮想マシンインスタンスをいつでも終了することができます。Compute Engine は、中断が 30 秒後に発生することを示すプリエンプションの通知をユーザーに送信します。OpenShift Container Platform は、Compute Engine がプリエンプションについての通知を発行する際に影響を受けるインスタンスからワークロードを削除し始めます。インスタンスが停止していない場合は、ACPI G3 Mechanical Off シグナルが 30 秒後にオペレーティングシステムに送信されます。プリエンプション可能な仮想マシンインスタンスは、Compute Engine によって TERMINATED 状態に移行されます。

以下の理由により、プリエンプション可能な仮想マシンインスタンスを使用すると中断が生じる可能性があります。

  • システムまたはメンテナンスイベントがある
  • プリエンプション可能な仮想マシンインスタンスの供給が減少する
  • インスタンスは、プリエンプション可能な仮想マシンインスタンスについて割り当てられている 24 時間後に終了します。

GCP がインスタンスを終了すると、プリエンプション可能な仮想マシンインスタンスで実行される終了ハンドラーによりマシンリソースが削除されます。マシンセットの replicas の量を満たすために、マシンセットはプリエンプション可能な仮想マシンインスタンスを要求するマシンを作成します。