3.3. マシンセットの削除ポリシー

RandomNewest、および Oldest は 3 つのサポートされる削除オプションです。デフォルトは Random であり、これはマシンセットのスケールダウン時にランダムマシンが選択され、削除されることを意味します。削除ポリシーは、特定のマシンセットを変更し、ユースケースに基づいて設定できます。

spec:
  deletePolicy: <delete_policy>
  replicas: <desired_replica_count>

削除についての特定のマシンの優先順位は、削除ポリシーにかかわらず、アノテーション machine.openshift.io/cluster-api-delete-machine を関係するマシンに追加して設定できます。

重要

デフォルトで、OpenShift Container Platform ルーター Pod はワーカーにデプロイされます。ルーターは Web コンソールなどの一部のクラスターリソースにアクセスすることが必要であるため、 ルーター Pod をまず再配置しない限り、ワーカーのマシンセットを 0 にスケーリングできません。

注記

カスタムのマシンセットは、サービスを特定のノードサービスで実行し、それらのサービスがワーカーのマシンセットのスケールダウン時にコントローラーによって無視されるようにする必要があるユースケースで使用できます。これにより、サービスの中断が回避されます。