2.2.5. マシンセットの使用による Spot 仮想マシンの作成

spotVMOptions をマシンセットの YAML ファイルに追加して、Azure で Spot 仮想マシンを起動できます。

手順

  • providerSpec フィールドの下に以下の行を追加します。

    providerSpec:
      value:
        spotVMOptions: {}

    オプションで、Spot 仮想マシンの コストを制限するために、spotVMOptions. maxPrice フィールドを設定できます。たとえば、maxPrice: '0.98765' を設定できます。maxPrice が設定されている場合、この値は毎時の最大 Spot 価格として使用されます。設定されていない場合、最大価格はデフォルトの -1 に設定され、標準の仮想マシン価格までチャージされます。

    Azure は、標準価格で Spot 仮想マシン価格を制限します。インスタンスがデフォルトの maxPrice で設定されている場合、Azure は価格設定によりインスタンスをエビクトしません。ただし、インスタンスは容量の制限によって依然としてエビクトできます。

注記

デフォルトの仮想マシンの標準価格を maxPrice 値として使用し、Spot 仮想マシンの最大価格を設定しないことが強く推奨されます。