7.4.3. モニタリングソリューションの移動

デフォルトでは、Prometheus、Grafana、および AlertManager が含まれる Prometheus Cluster Monitoring スタックはクラスターモニタリングをデプロイするためにデプロイされます。これは Cluster Monitoring Operator によって管理されます。このコンポーネント異なるマシンに移行するには、カスタム設定マップを作成し、これを適用します。

手順

  1. 以下の ConfigMap 定義を cluster-monitoring-configmap.yaml ファイルとして保存します。

    apiVersion: v1
    kind: ConfigMap
    metadata:
      name: cluster-monitoring-config
      namespace: openshift-monitoring
    data:
      config.yaml: |+
        alertmanagerMain:
          nodeSelector:
            node-role.kubernetes.io/infra: ""
        prometheusK8s:
          nodeSelector:
            node-role.kubernetes.io/infra: ""
        prometheusOperator:
          nodeSelector:
            node-role.kubernetes.io/infra: ""
        grafana:
          nodeSelector:
            node-role.kubernetes.io/infra: ""
        k8sPrometheusAdapter:
          nodeSelector:
            node-role.kubernetes.io/infra: ""
        kubeStateMetrics:
          nodeSelector:
            node-role.kubernetes.io/infra: ""
        telemeterClient:
          nodeSelector:
            node-role.kubernetes.io/infra: ""
        openshiftStateMetrics:
          nodeSelector:
            node-role.kubernetes.io/infra: ""
        thanosQuerier:
          nodeSelector:
            node-role.kubernetes.io/infra: ""

    この設定マップを実行すると、モニタリングスタックのコンポーネントがインフラストラクチャーノードに再デプロイされます。

  2. 新規の設定マップを適用します。

    $ oc create -f cluster-monitoring-configmap.yaml
  3. モニタリング Pod が新規マシンに移行することを確認します。

    $ watch 'oc get pod -n openshift-monitoring -o wide'
  4. コンポーネントが infra ノードに移動していない場合は、このコンポーネントを持つ Pod を削除します。

    $ oc delete pod -n openshift-monitoring <pod>

    削除された Pod からのコンポーネントが infra ノードに再作成されます。