第11章 マシンヘルスチェックのデプロイ

マシンヘルスチェックを設定し、デプロイして、マシンプールにある破損したマシンを自動的に修復します。

重要

このプロセスは、手動でプロビジョニングされたマシンを持つクラスターには適用されません。高度なマシン管理およびスケーリング機能は、マシン API が機能しているクラスターでのみ使用することができます。

11.1. マシンのヘルスチェック

マシンのヘルスチェックは特定のマシンプールの正常ではないマシンを自動的に修復します。

マシンの正常性を監視するには、リソースを作成し、コントローラーの設定を定義します。15 分間 NotReady ステータスにすることや、 node-problem-detector に永続的な条件を表示すること、および監視する一連のマシンのラベルなど、チェックする条件を設定します。

注記

マスターロールのあるマシンにマシンヘルスチェックを適用することはできません。

MachineHealthCheck リソースを監視するコントローラーは定義済みのステータスをチェックします。マシンがヘルスチェックに失敗した場合、このマシンは自動的に検出され、その代わりとなるマシンが作成されます。マシンが削除されると、machine deleted イベントが表示されます。

マシンの削除による破壊的な影響を制限するために、コントローラーは 1 度に 1 つのノードのみをドレイン (解放) し、これを削除します。マシンのターゲットプールで許可される maxUnhealthy しきい値を上回る数の正常でないマシンがある場合、修復が停止するため、手動による介入が可能になります。

注記

タイムアウトについて注意深い検討が必要であり、ワークロードと要件を考慮してください。

  • タイムアウトの時間が長くなると、正常でないマシンのワークロードのダウンタイムが長くなる可能性があります。
  • タイムアウトが短すぎると、修復ループが生じる可能性があります。たとえば、NotReady ステータスを確認するためのタイムアウトについては、マシンが起動プロセスを完了できるように十分な時間を設定する必要があります。

チェックを停止するには、リソースを削除します。

11.1.1. マシンヘルスチェックのデプロイ時の制限

マシンヘルスチェックをデプロイする前に考慮すべき制限事項があります。

  • マシンセットが所有するマシンのみがマシンヘルスチェックによって修復されます。
  • コントロールプレーンマシンは現在サポートされておらず、それらが正常でない場合にも修正されません。
  • マシンのノードがクラスターから削除される場合、マシンヘルスチェックはマシンが正常ではないとみなし、すぐにこれを修復します。
  • nodeStartupTimeout の後にマシンの対応するノードがクラスターに加わらない場合、マシンは修復されます。
  • Machine リソースフェーズが Failed の場合、マシンはすぐに修復されます。

追加リソース