7.2. 実稼働環境用のインフラストラクチャーマシンセットの作成

実稼働デプロイメントでは、インフラストラクチャーコンポーネントを保持するために 3 つ以上のマシンセットをデプロイすることが推奨されます。OpenShift Logging および Red Hat OpenShift Service Mesh の両方で Elasticsearch をデプロイします。これには、3 つのインスタンスを異なるノードにインストールする必要があります。これらの各ノードは、高可用性の異なるアベイラビリティーゾーンにデプロイできます。このような設定には、アベイラビリティーゾーンごとに 1 つずつ、3 つの異なるマシンセットが必要です。

7.2.1. 異なるクラウドのマシンセットの作成

クラウドのサンプルマシンセットを使用します。

7.2.1.1. AWS 上のマシンセットカスタムリソースのサンプル YAML

このサンプル YAML は us-east-1a Amazon Web Services (AWS) ゾーンで実行され、node-role.kubernetes.io/infra:""というラベルが付けられたノードを作成するマシンセットを定義します。

このサンプルでは、& lt;infrastructure_id> はクラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID に基づくインフラストラクチャー ID であり、& lt;infra> は追加するノードラベルです。

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineSet
metadata:
  labels:
    machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 1
  name: <infrastructure_id>-infra-<zone> 2
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 3
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-infra-<zone> 4
  template:
    metadata:
      labels:
        machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 5
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <infra> 6
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <infra> 7
        machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-infra-<zone> 8
    spec:
      metadata:
        labels:
          node-role.kubernetes.io/infra: "" 9
      taints: 10
        - key: node-role.kubernetes.io/infra
          effect: NoSchedule
      providerSpec:
        value:
          ami:
            id: ami-046fe691f52a953f9 11
          apiVersion: awsproviderconfig.openshift.io/v1beta1
          blockDevices:
            - ebs:
                iops: 0
                volumeSize: 120
                volumeType: gp2
          credentialsSecret:
            name: aws-cloud-credentials
          deviceIndex: 0
          iamInstanceProfile:
            id: <infrastructure_id>-worker-profile 12
          instanceType: m4.large
          kind: AWSMachineProviderConfig
          placement:
            availabilityZone: us-east-1a
            region: us-east-1
          securityGroups:
            - filters:
                - name: tag:Name
                  values:
                    - <infrastructure_id>-worker-sg 13
          subnet:
            filters:
              - name: tag:Name
                values:
                  - <infrastructure_id>-private-us-east-1a 14
          tags:
            - name: kubernetes.io/cluster/<infrastructure_id> 15
              value: owned
          userDataSecret:
            name: worker-user-data
1 3 5 12 13 14 15
クラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID を基にするインフラストラクチャー ID を指定します。OpenShift CLI がインストールされている場合は、以下のコマンドを実行してインフラストラクチャー ID を取得できます。
$ oc -n openshift-machine-api \
    -o jsonpath='{.spec.template.spec.providerSpec.value.ami.id}{"\n"}' \
    get machineset/<infrastructure_id>-worker-us-east-1a
2 4 8
インフラストラクチャー ID、& lt;infra> ノードラベルおよびゾーンを指定します。
6 7 9
<infra> ノードラベルを指定します。
10
ユーザーのワークロードが infra ノードにスケジュールされないようにテイントを指定します。
11
OpenShift Container Platform ノードの AWS ゾーンに有効な Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) AMI を指定します。

AWS で実行されるマシンセットは保証されていない Spot インスタンスをサポートします。AWS の On-Demand インスタンスと比較すると、Spot インスタンスをより低い価格で使用することでコストを節約できます。spotMarketOptionsMachineSet YAML ファイルに追加して、Spot インスタンスを設定します。

7.2.1.2. Azure 上のマシンセットのカスタムリソースのサンプル YAML

このサンプル YAML は、リージョンの 1 Microsoft Azure ゾーンで実行され、node-role.kubernetes.io/infra: "" というラベルが付けられたノードを作成するマシンセットを定義します。

このサンプルでは、& lt;infrastructure_id> はクラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID に基づくインフラストラクチャー ID であり、& lt;infra> は追加するノードラベルです。

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineSet
metadata:
  labels:
    machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 1
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <infra> 2
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <infra> 3
  name: <infrastructure_id>-infra-<region> 4
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 5
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-infra-<region> 6
  template:
    metadata:
      creationTimestamp: null
      labels:
        machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 7
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <infra> 8
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <infra> 9
        machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-infra-<region> 10
    spec:
      metadata:
        creationTimestamp: null
        labels:
          node-role.kubernetes.io/infra: "" 11
      taints: 12
      - key: node-role.kubernetes.io/infra
        effect: NoSchedule
      providerSpec:
        value:
          apiVersion: azureproviderconfig.openshift.io/v1beta1
          credentialsSecret:
            name: azure-cloud-credentials
            namespace: openshift-machine-api
          image:
            offer: ""
            publisher: ""
            resourceID: /resourceGroups/<infrastructure_id>-rg/providers/Microsoft.Compute/images/<infrastructure_id> 13
            sku: ""
            version: ""
          internalLoadBalancer: ""
          kind: AzureMachineProviderSpec
          location: <region> 14
          managedIdentity: <infrastructure_id>-identity 15
          metadata:
            creationTimestamp: null
          natRule: null
          networkResourceGroup: ""
          osDisk:
            diskSizeGB: 128
            managedDisk:
              storageAccountType: Premium_LRS
            osType: Linux
          publicIP: false
          publicLoadBalancer: ""
          resourceGroup: <infrastructure_id>-rg 16
          sshPrivateKey: ""
          sshPublicKey: ""
          subnet: <infrastructure_id>-<role>-subnet 17 18
          userDataSecret:
            name: worker-user-data 19
          vmSize: qeci-22538-vnet
          vnet: <infrastructure_id>-vnet 20
          zone: "1" 21
1 5 7 13 15 16 17 20
クラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID を基にするインフラストラクチャー ID を指定します。OpenShift CLI がインストールされている場合は、以下のコマンドを実行してインフラストラクチャー ID を取得できます。
$ oc get -o jsonpath='{.status.infrastructureName}{"\n"}' infrastructure cluster

以下のコマンドを実行してサブネットを取得できます。

$  oc -n openshift-machine-api \
    -o jsonpath='{.spec.template.spec.providerSpec.value.subnet}{"\n"}' \
    get machineset/<infrastructure_id>-worker-centralus1

以下のコマンドを実行して vnet を取得できます。

$  oc -n openshift-machine-api \
    -o jsonpath='{.spec.template.spec.providerSpec.value.vnet}{"\n"}' \
    get machineset/<infrastructure_id>-worker-centralus1
2 3 8 9 11 18 19
<infra> ノードラベルを指定します。
4 6 10
インフラストラクチャー ID、& lt;infra> ノードラベルおよびリージョンを指定します。
12
ユーザーのワークロードが infra ノードにスケジュールされないようにテイントを指定します。
14
マシンを配置するリージョンを指定します。
21
マシンを配置するリージョン内のゾーンを指定します。リージョンがゾーンをサポートすることを確認してください。

Azure で実行されるマシンセットは、保証されていない Spot 仮想マシンをサポートします。Azure の標準仮想マシンと比較すると、Spot 仮想マシンをより低い価格で使用することでコストを節約できます。spotVMOptionsMachineSet YAML ファイルに追加して、Spot 仮想マシンを設定できます。

7.2.1.3. GCP 上のマシンセットのカスタムリソースのサンプル YAML

このサンプル YAML は、Google Cloud Platform (GCP) で実行され、node-role.kubernetes.io/infra: "" というラベルが付けられたノードを作成するマシンセットを定義します。

このサンプルでは、& lt;infrastructure_id> はクラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID に基づくインフラストラクチャー ID であり、& lt;infra> は追加するノードラベルです。

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineSet
metadata:
  labels:
    machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 1
  name: <infrastructure_id>-w-a 2
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 3
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-w-a 4
  template:
    metadata:
      creationTimestamp: null
      labels:
        machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 5
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <infra> 6
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <infra> 7
        machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-w-a 8
    spec:
      metadata:
        labels:
          node-role.kubernetes.io/infra: "" 9
      taints: 10
      - key: node-role.kubernetes.io/infra
        effect: NoSchedule
      providerSpec:
        value:
          apiVersion: gcpprovider.openshift.io/v1beta1
          canIPForward: false
          credentialsSecret:
            name: gcp-cloud-credentials
          deletionProtection: false
          disks:
          - autoDelete: true
            boot: true
            image: <path_to_image> 11
            labels: null
            sizeGb: 128
            type: pd-ssd
          kind: GCPMachineProviderSpec
          machineType: n1-standard-4
          metadata:
            creationTimestamp: null
          networkInterfaces:
          - network: <infrastructure_id>-network 12
            subnetwork: <infrastructure_id>-worker-subnet 13
          projectID: <project_name> 14
          region: us-central1
          serviceAccounts:
          - email: <infrastructure_id>-w@<project_name>.iam.gserviceaccount.com 15 16
            scopes:
            - https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform
          tags:
          - <infrastructure_id>-worker 17
          userDataSecret:
            name: worker-user-data
          zone: us-central1-a
1 2 3 4 5 8 12 13 15 17
クラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID を基にするインフラストラクチャー ID を指定します。OpenShift CLI がインストールされている場合は、以下のコマンドを実行してインフラストラクチャー ID を取得できます。
$ oc get -o jsonpath='{.status.infrastructureName}{"\n"}' infrastructure cluster
6 7 9
<infra> ノードラベルを指定します。
10
ユーザーのワークロードが infra ノードにスケジュールされないようにテイントを指定します。
11
現在のマシンセットで使用されるイメージへのパスを指定します。OpenShift CLI がインストールされている場合は、以下のコマンドを実行してイメージへのパスを取得できます。
$ oc -n openshift-machine-api \
    -o jsonpath='{.spec.template.spec.providerSpec.value.disks[0].image}{"\n"}' \
    get machineset/<infrastructure_id>-worker-a
14 16
クラスターに使用する GCP プロジェクトの名前を指定します。

GCP で実行されるマシンセットは、保証されていない プリエンプション可能な仮想マシンインスタンスをサポートします。GCP の通常のインスタンスと比較して、プリエンプション可能な仮想マシンインスタンスをより低い価格で使用することでコストを節約できます。preemptibleMachineSet YAML ファイルに追加して、プリエンプション可能な仮想マシンインスタンスを設定できます。

7.2.1.4. RHOSP 上のマシンセットのカスタムリソースのサンプル YAML

このサンプル YAML は、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) で実行され、node-role.kubernetes.io/infra: "" というラベルが付けられたノードを作成するマシンセットを定義します。

このサンプルでは、& lt;infrastructure_id> はクラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID に基づくインフラストラクチャー ID であり、& lt;infra> は追加するノードラベルです。

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineSet
metadata:
  labels:
    machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 1
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <infra> 2
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <infra> 3
  name: <infrastructure_id>-infra 4
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  replicas: <number_of_replicas>
  selector:
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 5
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-infra 6
  template:
    metadata:
      labels:
        machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 7
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <infra> 8
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <infra> 9
        machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-infra 10
    spec:
    metadata:
      creationTimestamp: null
      labels:
        node-role.kubernetes.io/infra: ""
      taints: 11
      - key: node-role.kubernetes.io/infra
        effect: NoSchedule
      providerSpec:
        value:
          apiVersion: openstackproviderconfig.openshift.io/v1alpha1
          cloudName: openstack
          cloudsSecret:
            name: openstack-cloud-credentials
            namespace: openshift-machine-api
          flavor: <nova_flavor>
          image: <glance_image_name_or_location>
          serverGroupID: <optional_UUID_of_server_group> 12
          kind: OpenstackProviderSpec
          networks: 13
          - filter: {}
            subnets:
            - filter:
                name: <subnet_name>
                tags: openshiftClusterID=<infrastructure_id> 14
          primarySubnet: <rhosp_subnet_UUID> 15
          securityGroups:
          - filter: {}
            name: <infrastructure_id>-worker 16
          serverMetadata:
            Name: <infrastructure_id>-worker 17
            openshiftClusterID: <infrastructure_id> 18
          tags:
          - openshiftClusterID=<infrastructure_id> 19
          trunk: true
          userDataSecret:
            name: worker-user-data 20
          availabilityZone: <optional_openstack_availability_zone>
1 5 7 14 16 17 18 19
クラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID を基にするインフラストラクチャー ID を指定します。OpenShift CLI がインストールされている場合は、以下のコマンドを実行してインフラストラクチャー ID を取得できます。
$ oc get -o jsonpath='{.status.infrastructureName}{"\n"}' infrastructure cluster
2 3 8 9 20
<infra> ノードラベルを指定します。
4 6 10
インフラストラクチャー ID および <infra> ノードラベルを指定します。
11
ユーザーのワークロードが infra ノードにスケジュールされないようにテイントを指定します。
12
MachineSet のサーバーグループポリシーを設定するには、サーバーグループの作成 から返された値を入力します。ほとんどのデプロイメントでは、anti-affinity または soft-anti-affinity が推奨されます。
13
複数ネットワークへのデプロイメントに必要です。複数ネットワークにデプロイする場合、この一覧には、primarySubnetが の値として使用されるネットワークが含まれる必要があります。
15
ノードのエンドポイントを公開する RHOSP サブネットを指定します。通常、これは install-config.yaml ファイルの machinesSubnet の値として使用される同じサブネットです。

7.2.1.5. RHV 上のマシンセットのカスタムリソースのサンプル YAML

このサンプル YAML は、RHV で実行され、node-role.kubernetes.io/<node_role>: "" というラベルが付けられたノードを作成するマシンセットを定義します。

このサンプルでは、<infrastructure_id> はクラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID に基づくインフラストラクチャー ID であり、<role> は追加するノードラベルです。

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineSet
metadata:
  labels:
    machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 1
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <role> 2
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <role> 3
  name: <infrastructure_id>-<role> 4
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  replicas: <number_of_replicas> 5
  Selector: 6
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 7
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<role> 8
  template:
    metadata:
      labels:
        machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 9
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <role> 10
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <role> 11
        machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<role> 12
    spec:
      metadata:
        labels:
          node-role.kubernetes.io/<role>: "" 13
      providerSpec:
        value:
          apiVersion: ovirtproviderconfig.machine.openshift.io/v1beta1
          cluster_id: <ovirt_cluster_id> 14
          template_name: <ovirt_template_name> 15
          instance_type_id: <instance_type_id> 16
          cpu: 17
            sockets: <number_of_sockets> 18
            cores: <number_of_cores> 19
            threads: <number_of_threads> 20
          memory_mb: <memory_size> 21
          os_disk: 22
            size_gb: <disk_size> 23
          network_interfaces: 24
            vnic_profile_id:  <vnic_profile_id> 25
          credentialsSecret:
            name: ovirt-credentials 26
          kind: OvirtMachineProviderSpec
          type: <workload_type> 27
          userDataSecret:
            name: worker-user-data
1 7 9
クラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID を基にするインフラストラクチャー ID を指定します。OpenShift CLI (oc) がインストールされている場合は、以下のコマンドを実行してインフラストラクチャー ID を取得できます。
$ oc get -o jsonpath='{.status.infrastructureName}{"\n"}' infrastructure cluster
2 3 10 11 13
追加するノードラベルを指定します。
4 8 12
インフラストラクチャー ID およびノードラベルを指定します。これら 2 つの文字列は 35 文字を超えることができません。
5
作成するマシンの数を指定します。
6
マシンのセレクター。
14
この仮想マシンインスタンスが属する RHV クラスターの UUID を指定します。
15
マシンの作成に使用する RHV 仮想マシンテンプレートを指定します。
16
オプション: 仮想マシンインスタンスタイプを指定します。
警告

Instance_type_id フィールドは非推奨となり、今後のリリースで削除されます。

このパラメーターを含めると、CPU およびメモリーを含む仮想マシンのハードウェアパラメーターを指定する必要はありません。このパラメーターは、すべてのハードウェアパラメーターを上書きするためです。

17
オプション: CPU フィールドには、ソケット、コア、スレッドを含む CPU の設定が含まれます。
18
オプション: 仮想マシンのソケット数を指定します。
19
オプション: ソケットあたりのコア数を指定します。
20
オプション: コアあたりのスレッド数を指定します。
21
オプション: 仮想マシンのメモリーサイズを MiB 単位で指定します。
22
オプション: ノードのルートディスク。
23
オプション: ブート可能なディスクのサイズを GiB 単位で指定します。
24
オプション: 仮想マシンのネットワークインターフェースの一覧。このパラメーターを含めると、OpenShift Container Platform はテンプレートからすべてのネットワークインターフェースを破棄し、新規ネットワークインターフェースを作成します。
25
オプション: vNIC プロファイル ID を指定します。
26
RHV 認証情報を保持するシークレットの名前を指定します。
27
オプション: インスタンスが最適化されるワークロードタイプを指定します。この値は RHV VM パラメーターに影響します。サポートされる値: desktopserver (デフォルト)、high_performance です。high_performance により、仮想マシンのパフォーマンスが向上しますが、制限があります。たとえば、グラフィカルコンソールを使用して仮想マシンにはアクセスできません。詳細は、『仮想マシン管理ガイド』の「ハイパフォーマンス仮想マシン、テンプレート、およびプールの設定」を参照してください。
注記

RHV は仮想マシンの作成時にテンプレートを使用するため、任意のパラメーターの値を指定しない場合、RHV はテンプレートに指定されるパラメーターの値を使用します。

7.2.1.6. vSphere 上のマシンセットのカスタムリソースのサンプル YAML

このサンプル YAML は、VMware vSphere で実行され、 node-role.kubernetes.io/infra: "" というラベルが付けられたノードを作成するマシンセットを定義します。

このサンプルでは、& lt;infrastructure_id> はクラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID に基づくインフラストラクチャー ID であり、& lt;infra> は追加するノードラベルです。

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineSet
metadata:
  creationTimestamp: null
  labels:
    machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 1
  name: <infrastructure_id>-infra 2
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 3
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-infra 4
  template:
    metadata:
      creationTimestamp: null
      labels:
        machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 5
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <infra> 6
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <infra> 7
        machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-infra 8
    spec:
      metadata:
        creationTimestamp: null
        labels:
          node-role.kubernetes.io/infra: "" 9
      taints: 10
      - key: node-role.kubernetes.io/infra
        effect: NoSchedule
      providerSpec:
        value:
          apiVersion: vsphereprovider.openshift.io/v1beta1
          credentialsSecret:
            name: vsphere-cloud-credentials
          diskGiB: 120
          kind: VSphereMachineProviderSpec
          memoryMiB: 8192
          metadata:
            creationTimestamp: null
          network:
            devices:
            - networkName: "<vm_network_name>" 11
          numCPUs: 4
          numCoresPerSocket: 1
          snapshot: ""
          template: <vm_template_name> 12
          userDataSecret:
            name: worker-user-data
          workspace:
            datacenter: <vcenter_datacenter_name> 13
            datastore: <vcenter_datastore_name> 14
            folder: <vcenter_vm_folder_path> 15
            resourcepool: <vsphere_resource_pool> 16
            server: <vcenter_server_ip> 17
1 3 5
クラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID を基にするインフラストラクチャー ID を指定します。OpenShift CLI (oc) がインストールされている場合は、以下のコマンドを実行してインフラストラクチャー ID を取得できます。
$ oc get -o jsonpath='{.status.infrastructureName}{"\n"}' infrastructure cluster
2 4 8
インフラストラクチャー ID および <infra> ノードラベルを指定します。
6 7 9
<infra> ノードラベルを指定します。
10
ユーザーのワークロードが infra ノードにスケジュールされないようにテイントを指定します。
11
マシンセットをデプロイする vSphere 仮想マシンネットワークを指定します。この仮想マシンネットワークは、他のコンピュートマシンがクラスター内に配置される場所である必要があります。
12
user-5ddjd-rhcos などの使用する vSphere 仮想マシンテンプレートを指定します。
13
マシンセットをデプロイする vCenter Datacenter を指定します。
14
マシンセットをデプロイする vCenter Datastore を指定します。
15
/dc1/vm/user-inst-5ddjd などの vCenter の vSphere 仮想マシンフォルダーへのパスを指定します。
16
仮想マシンの vSphere リソースプールを指定します。
17
vCenter サーバーの IP または完全修飾ドメイン名を指定します。