Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第13章 OpenShift Logging のアンインストール

OpenShift Logging をお使いの OpenShift Container Platform クラスターから削除することができます。

13.1. OpenShift Container Platform からの OpenShift Logging のアンインストール

ClusterLogging カスタムリソース (CR) を削除して、ログ集計を停止できます。CR の削除後に残る他の OpenShift Logging コンポーネントについては、オプションで削除できます。

ClusterLogging CR を削除しても、永続ボリューム要求 (PVC) は削除されません。残りの PVC、永続ボリューム (PV)、および関連データを保持するか、または削除するには、さらにアクションを実行する必要があります。

前提条件

  • OpenShift Logging および Elasticsearch がインストールされている。

手順

OpenShift Logging を削除するには、以下を実行します。

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールを使って ClusterLogging CR を削除できます。

    1. AdministrationCustom Resource Definitions ページに切り替えます。
    2. Custom Resource Definitions ページで、ClusterLogging をクリックします。
    3. Custom Resource Definition Details ページで、 Instances をクリックします。
    4. インスタンスの横にある Options メニュー kebab をクリックし、 Delete ClusterLogging を選択します。
  2. オプション: カスタムリソース定義 (CRD) を削除します。

    1. AdministrationCustom Resource Definitions ページに切り替えます。
    2. ClusterLogForwarder の横にある Options メニュー kebab をクリックし、 Delete Custom Resource Definition を選択します。
    3. ClusterLogging の横にある Options メニュー kebab をクリックし、 Delete Custom Resource Definition を選択します。
    4. Elasticsearch の横にある Options メニュー kebab をクリックし、Delete Custom Resource Definition を選択します。
  3. オプション: Red Hat OpenShift Logging Operator および OpenShift Elasticsearch Operator を削除します。

    1. OperatorsInstalled Operators ページに切り替えます。
    2. Red Hat OpenShift Logging Operator の横にある Options メニュー kebab をクリックし、Uninstall Operator を選択します。
    3. OpenShift Elasticsearch Operator の横にある Options メニュー kebab をクリックし、Uninstall Operator を選択します。
  4. オプション: Cluster Logging および Elasticsearch プロジェクトを削除します。

    1. HomeProjects ページに切り替えます。
    2. openshift-logging プロジェクトの横にある Options メニュー kebab をクリックし、Delete Project を選択します。
    3. ダイアログボックスで openshift-logging を入力して、Delete をクリックし、削除を確認します。
    4. openshift-operators-redhat プロジェクトの横にある Options メニュー kebab をクリックし、Delete Project を選択します。

      重要

      他のグローバル Operator がこの namespace にインストールされている場合、openshift-operators-redhat プロジェクトを削除しないでください。

    5. ダイアログボックスで openshift-operators-redhat を入力し、Delete をクリックして削除を確認します。
  5. 他の Pod で再利用するために PVC を保持するには、PVC の回収に必要なラベルまたは PVC 名を保持します。
  6. オプション: PVC を保持する必要がない場合は、それらを削除できます。

    警告

    PVC の解放または削除により PV が削除され、データの損失が生じる可能性があります。

    1. StoragePersistent Volume Claims ページに切り替えます。
    2. 各 PVC の横にある Options メニュー kebab をクリックし、Delete Persistent Volume Claim を選択します。
    3. ストレージ領域を回復する必要がある場合は、PV を削除できます。