Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.3.9. ログストアサービスのルートとしての公開

デフォルトでは、OpenShift Logging でデプロイされたログストアはロギングクラスターの外部からアクセスできません。データにアクセスするツールについては、ログストアへの外部アクセスのために re-encryption termination でルートを有効にすることができます。

re-encrypt ルート、OpenShift Container Platform トークンおよびインストールされたログストア CA 証明書を作成して、ログストアに外部からアクセスすることができます。次に、以下を含む cURL 要求でログストアサービスをホストするノードにアクセスします。

内部からは、ログストアクラスター IP を使用してログストアサービスにアクセスできます。これは、以下のコマンドのいずれかを使用して取得できます。

$ oc get service elasticsearch -o jsonpath={.spec.clusterIP} -n openshift-logging

出力例

172.30.183.229

$ oc get service elasticsearch -n openshift-logging

出力例

NAME            TYPE        CLUSTER-IP       EXTERNAL-IP   PORT(S)    AGE
elasticsearch   ClusterIP   172.30.183.229   <none>        9200/TCP   22h

以下のようなコマンドを使用して、クラスター IP アドレスを確認できます。

$ oc exec elasticsearch-cdm-oplnhinv-1-5746475887-fj2f8 -n openshift-logging -- curl -tlsv1.2 --insecure -H "Authorization: Bearer ${token}" "https://172.30.183.229:9200/_cat/health"

出力例

  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100    29  100    29    0     0    108      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--   108

前提条件

  • OpenShift Logging および Elasticsearch がインストールされている。
  • ログにアクセスできるようになるには、プロジェクトへのアクセスが必要です。

手順

ログストアを外部に公開するには、以下を実行します。

  1. openshift-logging プロジェクトに切り替えます。

    $ oc project openshift-logging
  2. ログストアから CA 証明書を抽出し、admin-ca ファイルに書き込みます。

    $ oc extract secret/elasticsearch --to=. --keys=admin-ca

    出力例

    admin-ca

  3. ログストアサービスのルートを YAML ファイルとして作成します。

    1. 以下のように YAML ファイルを作成します。

      apiVersion: route.openshift.io/v1
      kind: Route
      metadata:
        name: elasticsearch
        namespace: openshift-logging
      spec:
        host:
        to:
          kind: Service
          name: elasticsearch
        tls:
          termination: reencrypt
          destinationCACertificate: | 1
      1
      次の手順でログストア CA 証明書を追加するか、またはコマンドを使用します。一部の re-encrypt ルートで必要とされる spec.tls.keyspec.tls.certificate、および spec.tls.caCertificate パラメーターを設定する必要はありません。
    2. 以下のコマンドを実行して、前のステップで作成したルート YAML にログストア CA 証明書を追加します。

      $ cat ./admin-ca | sed -e "s/^/      /" >> <file-name>.yaml
    3. ルートを作成します。

      $ oc create -f <file-name>.yaml

      出力例

      route.route.openshift.io/elasticsearch created

  4. Elasticsearch サービスが公開されていることを確認します。

    1. 要求に使用されるこのサービスアカウントのトークンを取得します。

      $ token=$(oc whoami -t)
    2. 作成した elasticsearch ルートを環境変数として設定します。

      $ routeES=`oc get route elasticsearch -o jsonpath={.spec.host}`
    3. ルートが正常に作成されていることを確認するには、公開されたルート経由で Elasticsearch にアクセスする以下のコマンドを実行します。

      curl -tlsv1.2 --insecure -H "Authorization: Bearer ${token}" "https://${routeES}"

      以下のような出力が表示されます。

      出力例

      {
        "name" : "elasticsearch-cdm-i40ktba0-1",
        "cluster_name" : "elasticsearch",
        "cluster_uuid" : "0eY-tJzcR3KOdpgeMJo-MQ",
        "version" : {
        "number" : "6.8.1",
        "build_flavor" : "oss",
        "build_type" : "zip",
        "build_hash" : "Unknown",
        "build_date" : "Unknown",
        "build_snapshot" : true,
        "lucene_version" : "7.7.0",
        "minimum_wire_compatibility_version" : "5.6.0",
        "minimum_index_compatibility_version" : "5.0.0"
      },
        "<tagline>" : "<for search>"
      }