14.9.4. vSphere Problem Detector Operator からのログの表示

vSphere Problem Detector Operator が設定チェックを実行した後に、コマンドラインまたは OpenShift Container Platform Web コンソールから表示できるログレコードを作成します。

手順

  • コマンドラインを使用してログを表示するには、以下のコマンドを実行します。

    $ oc logs deployment/vsphere-problem-detector-operator \
        -n openshift-cluster-storage-operator

    出力例

    I0108 08:32:28.445696       1 operator.go:209] ClusterInfo passed
    I0108 08:32:28.451029       1 datastore.go:57] CheckStorageClasses checked 1 storage classes, 0 problems found
    I0108 08:32:28.451047       1 operator.go:209] CheckStorageClasses passed
    I0108 08:32:28.452160       1 operator.go:209] CheckDefaultDatastore passed
    I0108 08:32:28.480648       1 operator.go:271] CheckNodeDiskUUID:<host_name> passed
    I0108 08:32:28.480685       1 operator.go:271] CheckNodeProviderID:<host_name> passed

  • OpenShift Container Platform Web コンソールで Operator ログを表示するには、以下の手順を実行します。

    1. WorkloadsPods に移動します。
    2. Projects メニューから openshift-cluster-storage-operator を選択します。from the
    3. vsphere-problem-detector-operator Pod のリンクをクリックします。
    4. Pod details ページの Logs タブをクリックしてログを表示します。