14.9.3. vSphere Problem Detector Operator からのイベントの表示

vSphere Problem Detector Operator が設定チェックを実行した後に、コマンドラインまたは OpenShift Container Platform Web コンソールから表示できるイベントを作成します。

手順

  • コマンドラインを使用してイベントを表示するには、以下のコマンドを実行します。

    $ oc get event -n openshift-cluster-storage-operator \
        --sort-by={.metadata.creationTimestamp}

    出力例

    16m     Normal    Started             pod/vsphere-problem-detector-operator-xxxxx         Started container vsphere-problem-detector
    16m     Normal    Created             pod/vsphere-problem-detector-operator-xxxxx         Created container vsphere-problem-detector
    16m     Normal    LeaderElection      configmap/vsphere-problem-detector-lock    vsphere-problem-detector-operator-xxxxx became leader

  • OpenShift Container Platform Web コンソールを使用してイベントを表示するには、HomeEvents に移動し、Project メニューから openshift-cluster-storage-operator を選択します。