第18章 インストールの検証

インストール後に、本書の手順を実行して OpenShift Container Platform クラスターのステータスを確認できます。

18.1. インストールログの確認

OpenShift Container Platform インストールログでインストールの概要を確認できます。インストールに成功すると、クラスターへのアクセスに必要な情報はログに追加されます。

前提条件

  • インストールホストにアクセスできる。

手順

  • インストールホストのインストールディレクトリーにある .openshift_install.log ログファイルを確認します。

    $ cat <install_dir>/.openshift_install.log

    出力例

    以下の例で説明されているように、インストールに成功すると、クラスター認証情報はログの末尾に追加されます。

    ...
    time="2020-12-03T09:50:47Z" level=info msg="Install complete!"
    time="2020-12-03T09:50:47Z" level=info msg="To access the cluster as the system:admin user when using 'oc', run 'export KUBECONFIG=/home/myuser/install_dir/auth/kubeconfig'"
    time="2020-12-03T09:50:47Z" level=info msg="Access the OpenShift web-console here: https://console-openshift-console.apps.mycluster.example.com"
    time="2020-12-03T09:50:47Z" level=info msg="Login to the console with user: \"kubeadmin\", and password: \"6zYIx-ckbW3-4d2Ne-IWvDF\""
    time="2020-12-03T09:50:47Z" level=debug msg="Time elapsed per stage:"
    time="2020-12-03T09:50:47Z" level=debug msg="    Infrastructure: 6m45s"
    time="2020-12-03T09:50:47Z" level=debug msg="Bootstrap Complete: 11m30s"
    time="2020-12-03T09:50:47Z" level=debug msg=" Bootstrap Destroy: 1m5s"
    time="2020-12-03T09:50:47Z" level=debug msg=" Cluster Operators: 17m31s"
    time="2020-12-03T09:50:47Z" level=info msg="Time elapsed: 37m26s"