8.3.6.8. ルートデバイスのヒント

rootDeviceHints パラメーターは、インストーラーが Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) イメージを特定のデバイスにプロビジョニングできるようにします。インストーラーは、検出順にデバイスを検査し、検出された値をヒントの値と比較します。インストーラーは、ヒント値に一致する最初に検出されたデバイスを使用します。この設定は複数のヒントを組み合わせることができますが、デバイスは、インストーラーがこれを選択できるようにすべてのヒントに一致する必要があります。

表8.6 サブフィールド

サブフィールド詳細

deviceName

/dev/vda などの Linux デバイス名を含む文字列。ヒントは、実際の値と完全に一致する必要があります。

hctl

0:0:0:0 などの SCSI バスアドレスを含む文字列。ヒントは、実際の値と完全に一致する必要があります。

model

ベンダー固有のデバイス識別子を含む文字列。ヒントは、実際の値のサブ文字列になります。

vendor

デバイスのベンダーまたは製造元の名前が含まれる文字列。ヒントは、実際の値のサブ文字列になります。

serialNumber

デバイスのシリアル番号を含む文字列。ヒントは、実際の値と完全に一致する必要があります。

minSizeGigabytes

デバイスの最小サイズ (ギガバイト単位) を表す整数。

wwn

一意のストレージ ID を含む文字列。ヒントは、実際の値と完全に一致する必要があります。

wwnWithExtension

ベンダー拡張が追加された一意のストレージ ID を含む文字列。ヒントは、実際の値と完全に一致する必要があります。

wwnVendorExtension

一意のベンダーストレージ ID を含む文字列。ヒントは、実際の値と完全に一致する必要があります。

rotational

デバイスがローテーションするディスクである (true) か、そうでないか (false) を示すブール値。

使用例

     - name: master-0
       role: master
       bmc:
         address: ipmi://10.10.0.3:6203
         username: admin
         password: redhat
       bootMACAddress: de:ad:be:ef:00:40
       rootDeviceHints:
         deviceName: "/dev/sda"