18.4. CLI を使用したクラスターノードのステータスのクエリー

インストール後にクラスターノードのステータスを確認できます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. クラスターノードのステータスを一覧表示します。出力に、予想されるすべてのコントロールプレーンおよびコンピュートノードの一覧が表示され、各ノードのステータスが Ready であることを確認します。

    $ oc get nodes

    出力例

    NAME                          STATUS   ROLES    AGE   VERSION
    compute-1.example.com         Ready    worker   33m   v1.19.0+9f84db3
    control-plane-1.example.com   Ready    master   41m   v1.19.0+9f84db3
    control-plane-2.example.com   Ready    master   45m   v1.19.0+9f84db3
    compute-2.example.com         Ready    worker   38m   v1.19.0+9f84db3
    compute-3.example.com         Ready    worker   33m   v1.19.0+9f84db3
    control-plane-3.example.com   Ready    master   41m   v1.19.0+9f84db3

  2. 各クラスターノードの CPU およびメモリーリソースの可用性を確認します。

    $ oc adm top nodes

    出力例

    NAME                          CPU(cores)   CPU%   MEMORY(bytes)   MEMORY%
    compute-1.example.com         128m         8%     1132Mi          16%
    control-plane-1.example.com   801m         22%    3471Mi          23%
    control-plane-2.example.com   1718m        49%    6085Mi          40%
    compute-2.example.com         935m         62%    5178Mi          75%
    compute-3.example.com         111m         7%     1131Mi          16%
    control-plane-3.example.com   942m         26%    4100Mi          27%

関連情報

  • ノードの正常性の確認およびノードの問題の調査方法についての詳細は、「ノードの正常性の確認」を参照してください。