8.2.5. アウトオブバンド管理 (Out-of-band Management: 帯域外管理)

ノードには通常、ベースボード管理コントローラー (BMC) が使用する追加の NIC があります。これらの BMC は provisioner ノードからアクセスできる必要があります。

各ノードは、アウトバウンド管理でアクセスできるようにする必要があります。アウトバウンド管理ネットワークを使用する場合、 provisioner ノードには、OpenShift Container Platform 4 の正常なインストールを実行するためにアウトバウンドネットワークへのアクセスが必要になります。

このアウトバウンド管理設定については、本書では扱いません。アウトバウンド管理には、別個の管理ネットワークを設定することを推奨します。ただし、provisioning ネットワークまたは baremetal ネットワークの使用は有効なオプションになります。