5.5.8. Cluster Network Operator (CNO) の設定

クラスターネットワークの設定は、Cluster Network Operator (CNO) 設定の一部として指定され、cluster という名前のカスタムリソース (CR) オブジェクトに保存されます。CR は operator.openshift.io API グループの Network API のフィールドを指定します。

CNO 設定は、Network.config.openshift.io API グループの Network API からクラスターのインストール時に以下のフィールドを継承し、これらのフィールドは変更できません。

clusterNetwork
Pod IP アドレスの割り当てに使用する IP アドレスプール。
serviceNetwork
サービスの IP アドレスプール。
defaultNetwork.type
OpenShift SDN または OVN-Kubernetes などのクラスターネットワークプロバイダー。

defaultNetwork オブジェクトのフィールドを cluster という名前の CNO オブジェクトに設定することにより、クラスターのクラスターネットワークプロバイダー設定を指定できます。

5.5.8.1. Cluster Network Operator 設定オブジェクト

Cluster Network Operator (CNO) のフィールドは以下の表で説明されています。

表5.9 Cluster Network Operator 設定オブジェクト

フィールドタイプ詳細

metadata.name

string

CNO オブジェクトの名前。この名前は常に cluster です。

spec.clusterNetwork

array

Pod ID アドレスの割り当て、サブネットプレフィックスの長さのクラスター内の個別ノードへの割り当てに使用される IP アドレスのブロックを指定する一覧です。以下は例になります。

spec:
  clusterNetwork:
  - cidr: 10.128.0.0/19
    hostPrefix: 23
  - cidr: 10.128.32.0/19
    hostPrefix: 23

この値は読み取り専用であり、install-config.yaml ファイルに指定されます。

spec.serviceNetwork

array

サービスの IP アドレスのブロック。OpenShift SDN および OVN-Kubernetes Container Network Interface (CNI) ネットワークプロバイダーは、サービスネットワークの単一 IP アドレスブロックのみをサポートします。以下は例になります。

spec:
  serviceNetwork:
  - 172.30.0.0/14

この値は読み取り専用であり、install-config.yaml ファイルに指定されます。

spec.defaultNetwork

object

クラスターネットワークの Container Network Interface (CNI) ネットワークプロバイダーを設定します。

spec.kubeProxyConfig

object

このオブジェクトのフィールドは、kube-proxy 設定を指定します。OVN-Kubernetes クラスターネットワークプロバイダーを使用している場合、kube-proxy 設定は機能しません。

defaultNetwork オブジェクト設定

defaultNetwork オブジェクトの値は、以下の表で定義されます。

表5.10 defaultNetwork オブジェクト

フィールドタイプ詳細

type

string

OpenShiftSDN または OVNKubernetes のいずれか。クラスターネットワークプロバイダーはインストール時に選択されます。この値は、クラスターのインストール後は変更できません。

注記

OpenShift Container Platform はデフォルトで、OpenShift SDN Container Network Interface (CNI) クラスターネットワークプロバイダーを使用します。

openshiftSDNConfig

object

このオブジェクトは OpenShift SDN クラスターネットワークプロバイダーにのみ有効です。

ovnKubernetesConfig

object

このオブジェクトは OVN-Kubernetes クラスターネットワークプロバイダーにのみ有効です。

OpenShift SDN CNI クラスターネットワークプロバイダーの設定

以下の表は、OpenShift SDN Container Network Interface (CNI) クラスターネットワークプロバイダーの設定フィールドについて説明しています。

表5.11 openshiftSDNConfig オブジェクト

フィールドタイプ詳細

mode

string

OpenShift SDN のネットワーク分離モードを設定します。デフォルト値は NetworkPolicy です。

Multitenant および Subnet の値は、OpenShift Container Platform 3.x との後方互換性を維持するために利用できますが、その使用は推奨されていません。この値は、クラスターのインストール後は変更できません。

mtu

integer

VXLAN オーバーレイネットワークの最大転送単位 (MTU)。これは、プライマリーネットワークインターフェースの MTU に基づいて自動的に検出されます。通常、検出された MTU を上書きする必要はありません。

自動検出した値が予想される値ではない場合は、ノード上のプライマリーネットワークインターフェースの MTU が正しいことを確認します。このオプションを使用して、ノード上のプライマリーネットワークインターフェースの MTU 値を変更することはできません。

クラスターで異なるノードに異なる MTU 値が必要な場合、この値をクラスター内の最小の MTU 値よりも 50 小さく設定する必要があります。たとえば、クラスター内の一部のノードでは MTU が 9001 であり、MTU が 1500 のクラスターもある場合には、この値を 1450 に設定する必要があります。

この値は、クラスターのインストール後は変更できません。

vxlanPort

integer

すべての VXLAN パケットに使用するポート。デフォルト値は 4789 です。この値は、クラスターのインストール後は変更できません。

別の VXLAN ネットワークの一部である既存ノードと共に仮想化環境で実行している場合は、これを変更する必要がある可能性があります。たとえば、OpenShift SDN オーバーレイを VMware NSX-T 上で実行する場合は、両方の SDN が同じデフォルトの VXLAN ポート番号を使用するため、VXLAN の別のポートを選択する必要があります。

Amazon Web Services (AWS) では、VXLAN にポート 9000 とポート 9999 間の代替ポートを選択できます。

OpenShift SDN 設定の例

defaultNetwork:
  type: OpenShiftSDN
  openshiftSDNConfig:
    mode: NetworkPolicy
    mtu: 1450
    vxlanPort: 4789

OVN-Kubernetes CNI クラスターネットワークプロバイダーの設定

以下の表は OVN-Kubernetes CNI クラスターネットワークプロバイダーの設定フィールドについて説明しています。

表5.12 ovnKubernetesConfig object

フィールドタイプ詳細

mtu

integer

Geneve (Generic Network Virtualization Encapsulation) オーバーレイネットワークの MTU (maximum transmission unit)。これは、プライマリーネットワークインターフェースの MTU に基づいて自動的に検出されます。通常、検出された MTU を上書きする必要はありません。

自動検出した値が予想される値ではない場合は、ノード上のプライマリーネットワークインターフェースの MTU が正しいことを確認します。このオプションを使用して、ノード上のプライマリーネットワークインターフェースの MTU 値を変更することはできません。

クラスターで異なるノードに異なる MTU 値が必要な場合、この値をクラスター内の最小の MTU 値よりも 100 小さく設定する必要があります。たとえば、クラスター内の一部のノードでは MTU が 9001 であり、MTU が 1500 のクラスターもある場合には、この値を 1400 に設定する必要があります。

この値は、クラスターのインストール後は変更できません。

genevePort

integer

すべての Geneve パケットに使用するポート。デフォルト値は 6081 です。この値は、クラスターのインストール後は変更できません。

ipsecConfig

object

IPsec 暗号化を有効にするために空のオブジェクトを指定します。この値は、クラスターのインストール後は変更できません。

OVN-Kubernetes 設定の例

defaultNetwork:
  type: OVNKubernetes
  ovnKubernetesConfig:
    mtu: 1400
    genevePort: 6081
    ipsecConfig: {}

kubeProxyConfig オブジェクト設定

kubeProxyConfig オブジェクトの値は以下の表で定義されます。

表5.13 kubeProxyConfig オブジェクト

フィールドタイプ詳細

iptablesSyncPeriod

string

iptables ルールの更新期間。デフォルト値は 30s です。有効なサフィックスには、sm、および h などが含まれ、これらについては、Go time パッケージドキュメントで説明されています。

注記

OpenShift Container Platform 4.3 以降で強化されたパフォーマンスの向上により、iptablesSyncPeriod パラメーターを調整する必要はなくなりました。

proxyArguments.iptables-min-sync-period

array

iptables ルールを更新する前の最小期間。このフィールドにより、更新の頻度が高くなり過ぎないようにできます。有効なサフィックスには、sm、および h などが含まれ、これらについては、Go time パッケージで説明されています。デフォルト値:

kubeProxyConfig:
  proxyArguments:
    iptables-min-sync-period:
    - 0s