6.5.7. ネットワーク設定フェーズ

インストール前にクラスター設定を指定する場合、ネットワーク設定を変更する際に、インストール手順にはいくつかのフェーズがあります。

フェーズ 1

openshift-install create install-config コマンドを入力した後に、以下のことを実行します。install-config.yaml ファイルで、以下のネットワーク関連のフィールドをカスタマイズできます。

  • networking.networkType
  • networking.clusterNetwork
  • networking.serviceNetwork
  • networking.machineNetwork

    これらのフィールドの詳細は、「インストール設定パラメーター」を参照してください。

    注記

    優先される NIC が置かれている CIDR に一致する networking.machineNetwork を設定します。

フェーズ 2
openshift-install create manifests コマンドを入力した後に、以下のことを実行します。高度なネットワーク設定を指定する必要がある場合、このフェーズで、変更するフィールドのみでカスタマイズされた Cluster Network Operator マニフェストを定義できます。

フェーズ 2 で、install-config.yaml ファイルのフェーズ 1 で指定した値を上書きすることはできません。ただし、フェーズ 2 ではクラスターネットワークプロバイダーをさらにカスタマイズできます。