12.5.26. SR-IOV 向けに RHOSP で実行されるクラスターの準備

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) で実行されるクラスターで single root I/O virtualization (SR-IOV) を使用する前に、RHOSP メタデータをドライブとしてマウント可能にし、仮想機能 I/O (VFIO) ドライバーの非 IOMMU Operator を有効にします。

12.5.26.1. RHOSP メタデータサービスをマウント可能なドライブとして有効化

マシン設定をマシンプールに適用することで、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) メタデータサービスをマウント可能なドライブとして利用可能にすることができます。

以下のマシン設定により、SR-IOV ネットワーク Operator 内から RHOSP ネットワーク UUID を表示できます。この設定により、SR-IOV リソースのクラスター SR-IOV リソースへの関連付けが単純化されます。

手順

  1. 以下のテンプレートからマシン設定ファイルを作成します。

    マウント可能なメタデータサービスマシン設定ファイル

    kind: MachineConfig
    apiVersion: machineconfiguration.openshift.io/v1
    metadata:
      name: 20-mount-config 1
      labels:
        machineconfiguration.openshift.io/role: worker
    spec:
      config:
        ignition:
          version: 3.2.0
        systemd:
          units:
            - name: create-mountpoint-var-config.service
              enabled: true
              contents: |
                [Unit]
                Description=Create mountpoint /var/config
                Before=kubelet.service
    
                [Service]
                ExecStart=/bin/mkdir -p /var/config
    
                [Install]
                WantedBy=var-config.mount
    
            - name: var-config.mount
              enabled: true
              contents: |
                [Unit]
                Before=local-fs.target
                [Mount]
                Where=/var/config
                What=/dev/disk/by-label/config-2
                [Install]
                WantedBy=local-fs.target

    1
    選択する名前に置き換えることができます。
  2. コマンドラインからマシン設定を適用します。

    $ oc apply -f <machine_config_file_name>.yaml