11.2.3.7. IBM Power Systems の最小要件

OpenShift Container Platform バージョン 4.7 は、以下の IBM ハードウェアにインストールできます。

  • IBM POWER8 または POWER9 プロセッサーベースのシステム
ハードウェア要件
  • 複数の PowerVM サーバーにまたがる 6 IBM Power ベアメタルサーバーまたは 6 LPAR
オペレーティングシステム要件
  • IBM POWER8 または POWER9 プロセッサーベースのシステムの 1 つインスタンス

IBM Power インスタンスで、以下を設定します。

  • OpenShift Container Platform コントロールプレーンマシンの 3 ゲスト仮想マシン
  • OpenShift Container Platform コンピュートマシンの 2 ゲスト仮想マシン
  • 一時 OpenShift Container Platform ブートストラップマシンの 1 ゲスト仮想マシン
IBM Power ゲスト仮想マシンのディスクストレージ
  • vSCSI、NPIV (N-Port ID Virtualization) または SSP(共有ストレージプール)を使用して仮想 I/O サーバーによってプロビジョニングされるストレージ
PowerVM ゲスト仮想マシンのネットワーク
  • 共有イーサネットアダプターを使用して仮想 I/O サーバーによって仮想化される
  • IBM vNIC を使用して仮想 I/O サーバーによって仮想化される
ストレージ/メインメモリー
  • OpenShift Container Platform コントロールプレーンマシン用に 100GB / 16GB
  • OpenShift Container Platform コンピュートマシン用に 100 GB / 8 GB
  • 一時 OpenShift Container Platform ブートストラップマシン用に 100 GB / 16 GB