5.2. Azure の IAM の手動作成

クラウドアイデンティティーおよびアクセス管理 (IAM) API に到達できない環境や、管理者がクラスター kube-system namespace に管理者レベルの認証情報シークレットを保存する選択をしない場合に、クラスターのインストール前に Cloud Credential Operator (CCO) を手動モードにすることができます。

5.2.1. 管理者レベルのシークレットを kube-system プロジェクトに保存する代替方法

Cloud Credential Operator (CCO) は、クラウドプロバイダーの認証情報を Kubernetes カスタムリソース定義 (CRD) として管理します。credentialsMode パラメーターの異なる値を install-config.yaml ファイルに設定し、組織のセキュリティー要件に応じて CCO を設定できます。

管理者レベルの認証情報シークレットをクラスターの kube-system プロジェクトに保存する選択をしない場合、OpenShift Container Platform をインストールし、クラウド認証情報を手動で管理する際に CCO の credentialsMode パラメーターを Manual に設定できます。

手動モードを使用すると、クラスターに管理者レベルの認証情報を保存する必要なく、各クラスターコンポーネントに必要なパーミッションのみを指定できます。お使いの環境でクラウドプロバイダーのパブリック IAM エンドポイントへの接続がない場合も、このモードを使用できます。ただし、各アップグレードについて、パーミッションを新規リリースイメージを使用して手動で調整する必要があります。また、それらを要求するすべてのコンポーネントについて認証情報を手動で指定する必要があります。

関連情報

利用可能なすべての CCO 認証情報モードとそれらのサポートされるプラットフォームの詳細については、Cloud Credential Operator について参照してください。