4.3. AWS の IAM の手動作成

クラウドアイデンティティーおよびアクセス管理 (IAM) API に到達できない環境や、管理者がクラスター kube-system namespace に管理者レベルの認証情報シークレットを保存する選択をしない場合に、クラスターのインストール前に Cloud Credential Operator (CCO) を手動モードにすることができます。

4.3.1. 管理者レベルのシークレットを kube-system プロジェクトに保存する代替方法

Cloud Credential Operator (CCO) は、クラウドプロバイダーの認証情報を Kubernetes カスタムリソース定義 (CRD) として管理します。credentialsMode パラメーターの異なる値を install-config.yaml ファイルに設定し、組織のセキュリティー要件に応じて CCO を設定できます。

管理者レベルの認証情報シークレットをクラスターの kube-system プロジェクトに保存する選択をしない場合、OpenShift Container Platform をインストールする際に以下のいずれかのオプションを選択できます。

  • クラウド認証情報を手動で管理 します。

    CCO の credentialsMode パラメーターを Manual に設定し、クラウド認証情報を手動で管理できます。手動モードを使用すると、クラスターに管理者レベルの認証情報を保存する必要なく、各クラスターコンポーネントに必要なパーミッションのみを指定できます。お使いの環境でクラウドプロバイダーのパブリック IAM エンドポイントへの接続がない場合も、このモードを使用できます。ただし、各アップグレードについて、パーミッションを新規リリースイメージを使用して手動で調整する必要があります。また、それらを要求するすべてのコンポーネントについて認証情報を手動で指定する必要があります。

  • OpenShift Container Platform を mint モードでインストールした後に、管理者レベルの認証情報シークレットを削除 します。

    credentialsMode パラメーターが Mint に設定された状態で CCO を使用している場合、OpenShift Container Platform のインストール後に管理者レベルの認証情報を削除したり、ローテーションしたりできます。Mint モードは、CCO のデフォルト設定です。このオプションには、インストール時に管理者レベルの認証情報が必要になります。管理者レベルの認証情報はインストール時に、付与された一部のパーミッションと共に他の認証情報を生成するために使用されます。元の認証情報シークレットはクラスターに永続的に保存されません。

注記

z-stream 以外のアップグレードの前に、認証情報のシークレットを管理者レベルの認証情報と共に元に戻す必要があります。認証情報が存在しない場合は、アップグレードがブロックされる可能性があります。

関連情報

OpenShift Container Platform のインストール後に管理者レベルの認証情報シークレットをローテーションするか、または削除する方法については、クラウドプロバイダーの認証情報のローテーションまたは削除について参照してください。

利用可能なすべての CCO 認証情報モードとそれらのサポートされるプラットフォームの詳細については、Cloud Credential Operator について参照してください。