15.6.15. vSphere での追加の Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンの作成

VMware vSphere でユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用するクラスターのコンピュートマシンを追加で作成できます。

前提条件

  • コンピュートマシンの base64 でエンコードされた Ignition ファイルを取得します。
  • クラスター用に作成した vSphere テンプレートにアクセスできる必要があります。

手順

  1. テンプレートがデプロイされた後に、マシンの仮想マシンをクラスターにデプロイします。

    1. テンプレートの名前を右クリックし、CloneClone to Virtual Machine をクリックします。
    2. Select a name and folder タブで、仮想マシンの名前を指定します。compute-1 などのように、マシンタイプを名前に含めることができるかもしれません。
    3. Select a name and folder タブで、クラスターに作成したフォルダーの名前を選択します。
    4. Select a compute resource タブで、データセンター内のホストの名前を選択します。
    5. オプション: Select storage タブで、ストレージオプションをカスタマイズします。
    6. Select clone options で、Customize this virtual machine’s hardware を選択します。
    7. Customize hardware タブで、VM OptionsAdvanced をクリックします。

      • Latency Sensitivity 一覧から、High を選択します。
      • Edit Configuration をクリックし、Configuration Parameters ウィンドウで Add Configuration Params をクリックします。以下のパラメーター名および値を定義します。

        • guestinfo.ignition.config.data: このマシンファイルの base64 でエンコードしたコンピュート Ignition 設定ファイルの内容を貼り付けます。
        • guestinfo.ignition.config.data.encoding: base64 を指定します。
        • disk.EnableUUID: TRUE を指定します。
    8. Customize hardware タブの Virtual Hardware パネルで、必要に応じて指定した値を変更します。RAM、CPU、およびディスクストレージの量がマシンタイプの最小要件を満たすことを確認してください。また、ネットワークが複数利用可能な場合は、必ず Add network adapter に正しいネットワークを選択してください。
    9. 設定を完了し、仮想マシンの電源をオンにします。
  2. 継続してクラスター用の追加のコンピュートマシンを作成します。