8.5.8.6. NTP が同期しない

OpenShift Container Platform クラスターのデプロイメントは、クラスターノード間の NTP の同期クロックによって異なります。同期クロックがない場合、時間の差が 2 秒を超えるとクロックのドリフトによりデプロイメントが失敗する可能性があります。

手順

  1. クラスターノードの AGE の差異の有無を確認します。以下は例になります。

    $ oc get nodes
    NAME                         STATUS   ROLES    AGE   VERSION
    master-0.cloud.example.com   Ready    master   145m   v1.16.2
    master-1.cloud.example.com   Ready    master   135m   v1.16.2
    master-2.cloud.example.com   Ready    master   145m   v1.16.2
    worker-2.cloud.example.com   Ready    worker   100m   v1.16.2
  2. クロックのドリフトによる一貫性のないタイミングの遅延について確認します。以下は例になります。

    $ oc get bmh -n openshift-machine-api
    master-1   error registering master-1  ipmi://<out-of-band-ip>
    $ sudo timedatectl
                   Local time: Tue 2020-03-10 18:20:02 UTC
               Universal time: Tue 2020-03-10 18:20:02 UTC
                     RTC time: Tue 2020-03-10 18:36:53
                    Time zone: UTC (UTC, +0000)
    System clock synchronized: no
                  NTP service: active
              RTC in local TZ: no

既存のクラスターでのクロックドリフトへの対応

  1. chrony.conf ファイルを作成し、これを base64 文字列としてエンコードします。以下は例になります。

    $ cat << EOF | base 64
    server <NTP-server> iburst1
    stratumweight 0
    driftfile /var/lib/chrony/drift
    rtcsync
    makestep 10 3
    bindcmdaddress 127.0.0.1
    bindcmdaddress ::1
    keyfile /etc/chrony.keys
    commandkey 1
    generatecommandkey
    noclientlog
    logchange 0.5
    logdir /var/log/chrony
    EOF
    1
    <NTP-server> を NTP サーバーの IP アドレスに置き換えます。出力をコピーします。
    [text-in-base-64]
  2. MachineConfig オブジェクトを作成します。base64 文字列を直前の手順の出力で生成される [text-in-base-64] 文字列に置き換えます。以下の例では、ファイルをコントロールプレーン (マスター) ノードに追加します。ワーカーノードのファイルを変更するか、またはワーカーロールの追加のマシン設定を作成できます。

    $ cat << EOF > ./99_masters-chrony-configuration.yaml
    apiVersion: machineconfiguration.openshift.io/v1
    kind: MachineConfig
    metadata:
      creationTimestamp: null
      labels:
        machineconfiguration.openshift.io/role: master
      name: 99-master-etc-chrony-conf
    spec:
      config:
        ignition:
          config: {}
          security:
            tls: {}
          timeouts: {}
          version: 3.1.0
        networkd: {}
        passwd: {}
        storage:
          files:
          - contents:
              source: data:text/plain;charset=utf-8;base64,[text-in-base-64]1
            group:
              name: root
            mode: 420
            overwrite: true
            path: /etc/chrony.conf
            user:
              name: root
      osImageURL: ""
    1
    [text-in-base-64] を base64 文字列に置き換えます。
  3. 設定ファイルのバックアップコピーを作成します。以下は例になります。

    $ cp 99_masters-chrony-configuration.yaml 99_masters-chrony-configuration.yaml.backup
  4. 設定ファイルを適用します。

    $ oc apply -f ./masters-chrony-configuration.yaml
  5. System clock synchronized の値が yes であることを確認します。

    $ sudo timedatectl
                   Local time: Tue 2020-03-10 19:10:02 UTC
               Universal time: Tue 2020-03-10 19:10:02 UTC
                     RTC time: Tue 2020-03-10 19:36:53
                    Time zone: UTC (UTC, +0000)
    System clock synchronized: yes
                  NTP service: active
              RTC in local TZ: no

    デプロイメントの前にクロック同期を設定するには、マニフェストファイルを生成し、このファイルを openshift ディレクトリーに追加します。以下は例になります。

    $ cp chrony-masters.yaml ~/clusterconfigs/openshift/99_masters-chrony-configuration.yaml

    クラスターの作成を継続します。