8.5.2. install-config.yaml のトラブルシューティング

install-config.yaml 設定ファイルは、OpenShift Container Platform クラスターの一部であるすべてのノードを表します。このファイルには、apiVersionbaseDomainimageContentSources、および仮想 IP アドレスのみで構成されるがこれらに制限されない必要なオプションが含まれます。OpenShift Container Platform クラスターのデプロイメントの初期段階でエラーが発生した場合、エラーは install-config.yaml 設定ファイルにある可能性があります。

手順

  1. YAML-tips のガイドラインを使用します。
  2. syntax-check を使用して YAML 構文が正しいことを確認します。
  3. Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) QEMU イメージが適切に定義され、install-config.yaml で提供される URL 経由でアクセスできることを確認します。以下は例になります。

    $ curl -s -o /dev/null -I -w "%{http_code}\n" http://webserver.example.com:8080/rhcos-44.81.202004250133-0-qemu.x86_64.qcow2.gz?sha256=7d884b46ee54fe87bbc3893bf2aa99af3b2d31f2e19ab5529c60636fbd0f1ce7

    出力が 200 の場合、ブートストラップ仮想マシンイメージを保存する Web サーバーからの有効な応答があります。