8.4. クラスターの拡張

インストーラーでプロビジョニングされる OpenShift Container Platform クラスターのデプロイ後に、以下の手順を使用してワーカーノードの数を拡張することができます。それぞれの候補となるワーカーノードが前提条件を満たしていることを確認します。

注記

RedFish Virtual Media を使用してクラスターを拡張するには、最低限のファームウェア要件を満たす必要があります。RedFish Virtual Media を使用したクラスターの拡張時についての詳細は、「前提条件」セクションの「仮想メディアを使用したインストールのファームウェア要件」を参照してください。

8.4.1. ベアメタルノードの準備

クラスターを拡張するには、DHCP サーバーが必要です。各ノードに DHCP 予約が必要です。

IP アドレスの予約し、それらを静的 IP アドレスにする

一部の管理者は、各ノードの IP アドレスが DHCP サーバーがない状態で一定になるように静的 IP アドレスの使用を選択します。OpenShift Container Platform クラスターで静的 IP アドレスを使用するには、DHCP サーバーの IP アドレスを無限リースで予約 します。インストーラーがノードを正常にプロビジョニングした後に、dispatcher スクリプトがノードのネットワーク設定をチェックします。dispatcher スクリプトがネットワーク設定に DHCP 無限リースが含まれていることを検出すると、DHCP の無限リースの IP アドレスを使用して接続を静的 IP 接続として再作成します。DHCP 無限リースのない NIC は変更されないままになります。

ベアメタルノードを準備するには、プロビジョナーノードから以下の手順を実行する必要があります。

手順

  1. oc バイナリーを取得します (必要な場合)。これはプロビジョナーノード上にあるはずです。

    [kni@provisioner ~]$ curl -s https://mirror.openshift.com/pub/openshift-v4/clients/ocp/$VERSION/openshift-client-linux-$VERSION.tar.gz | tar zxvf - oc
    [kni@provisioner ~]$ sudo cp oc /usr/local/bin
  2. ベースボード管理コントローラーでベアメタルノードの電源をオフにし、オフになっていることを確認します。
  3. ベアメタルノードのベースボード管理コントローラーのユーザー名およびパスワードを取得します。次に、ユーザー名とパスワードから base64 文字列を作成します。以下の例では、ユーザー名は root で、パスワードは calvin です。

    [kni@provisioner ~]$ echo -ne "root" | base64
    [kni@provisioner ~]$ echo -ne "calvin" | base64
  4. ベアメタルノードの設定ファイルを作成します。

    [kni@provisioner ~]$ vim bmh.yaml
    ---
    apiVersion: v1
    kind: Secret
    metadata:
      name: openshift-worker-<num>-bmc-secret
    type: Opaque
    data:
      username: <base64-of-uid>
      password: <base64-of-pwd>
    ---
    apiVersion: metal3.io/v1alpha1
    kind: BareMetalHost
    metadata:
      name: openshift-worker-<num>
    spec:
      online: true
      bootMACAddress: <NIC1-mac-address>
      bmc:
        address: <protocol>://<bmc-ip>
        credentialsName: openshift-worker-<num>-bmc-secret

    2 つの name フィールドおよび credentialsName フィールドのベアメタルのワーカー数の <num> を置き換えます。<base64-of-uid> を、ユーザー名の base64 文字列に置き換えます。<base64-of-pwd> を、パスワードの base64 文字列に置き換えます。<NIC1-mac-address> を、ベアメタルの最初の NIC の MAC アドレスに置き換えます。

    追加の BMC 設定オプションについては、BMC アドレスのセクションを参照してください。<protocol> を、IPMI、 RedFish その他の BMC プロトコルに置き換えマス。<bmc-ip> を、ベアメタルノードのベースボード管理コントローラー (BMC) の IP アドレスに置き換えます。

    注記

    既存のベアメタルノードの MAC アドレスが、プロビジョニングしようとしているベアメタルホストの MAC アドレスと一致する場合、Ironic インストールは失敗します。ホストの登録、検査、クリーニング、または他の Ironic 手順が失敗する場合、ベアメタル Operator はインストールを継続的に再試行します。詳細は、「ホストの重複した MAC アドレスの診断」を参照してください。

  5. ベアメタルノードを作成します。

    [kni@provisioner ~]$ oc -n openshift-machine-api create -f bmh.yaml
    secret/openshift-worker-<num>-bmc-secret created
    baremetalhost.metal3.io/openshift-worker-<num> created

    ここで、<num> はワーカー数です。

  6. ベアメタルノードの電源をオンにし、これを検査します。

    [kni@provisioner ~]$ oc -n openshift-machine-api get bmh openshift-worker-<num>

    ここで、<num> はワーカーノード数です。

    NAME                 STATUS   PROVISIONING STATUS   CONSUMER   BMC                 HARDWARE PROFILE   ONLINE   ERROR
    openshift-worker-<num>   OK       ready                            ipmi://<out-of-band-ip>   unknown            true

8.4.1.1. クラスター内の新しいホストをプロビジョニングする際の重複する MAC アドレスの診断

クラスター内の既存のベアメタルノードの MAC アドレスが、クラスターに追加しようとしているベアメタルホストの MAC アドレスと一致する場合、ベアメタル Operator はホストを既存のノードに関連付けます。ホストの登録、検査、クリーニング、または他の Ironic 手順が失敗する場合、ベアメタル Operator はインストールを継続的に再試行します。障害が発生したベアメタルホストの登録エラーが表示されます。

openshift-machine-api namespace で実行されているベアメタルホストを調べることで、重複する MAC アドレスを診断できます。

前提条件

  • ベアメタルに OpenShift Container Platform クラスターをインストールします。
  • OpenShift Container Platform CLI (oc) をインストールします。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてログインすること。

手順

プロビジョニングに失敗したベアメタルホストが既存のノードと同じ MAC アドレスを持つかどうかを判断するには、以下を実行します。

  1. openshift-machine-api namespace で実行されているベアメタルホストを取得します。

    $ oc get bmh -n openshift-machine-api

    出力例

    NAME                 STATUS   PROVISIONING STATUS      CONSUMER
    openshift-master-0   OK       externally provisioned   openshift-zpwpq-master-0
    openshift-master-1   OK       externally provisioned   openshift-zpwpq-master-1
    openshift-master-2   OK       externally provisioned   openshift-zpwpq-master-2
    openshift-worker-0   OK       provisioned              openshift-zpwpq-worker-0-lv84n
    openshift-worker-1   OK       provisioned              openshift-zpwpq-worker-0-zd8lm
    openshift-worker-2   error    registering

  2. 障害が発生したホストのステータスに関する詳細情報を表示するには、<bare_metal_host_name> をホストの名前に置き換えて、以下のコマンドを実行します。

    $ oc get -n openshift-machine-api bmh <bare_metal_host_name> -o yaml

    出力例

    ...
    status:
      errorCount: 12
      errorMessage: MAC address b4:96:91:1d:7c:20 conflicts with existing node openshift-worker-1
      errorType: registration error
    ...