8.3.6. 設定ファイル

8.3.6.1. install-config.yaml ファイルの設定

install-config.yaml ファイルには、追加の詳細情報が必要です。それらの情報のほとんどは、インストーラーおよび結果として作成されるクラスターが利用可能なハードウェアを完全に管理するのに必要な利用可能なハードウェアについての十分な情報として提供されます。

  1. install-config.yaml を設定します。pullSecret および sshKey など、環境に合わせて適切な変数を変更します。

    apiVersion: v1
    baseDomain: <domain>
    metadata:
      name: <cluster-name>
    networking:
      machineCIDR: <public-cidr>
      networkType: OVNKubernetes
    compute:
    - name: worker
      replicas: 2 1
    controlPlane:
      name: master
      replicas: 3
      platform:
        baremetal: {}
    platform:
      baremetal:
        apiVIP: <api-ip>
        ingressVIP: <wildcard-ip>
        provisioningNetworkInterface: <NIC1>
        provisioningNetworkCIDR: <CIDR>
        hosts:
          - name: openshift-master-0
            role: master
            bmc:
              address: ipmi://<out-of-band-ip> 2
              username: <user>
              password: <password>
            bootMACAddress: <NIC1-mac-address>
            hardwareProfile: default
          - name: <openshift-master-1>
            role: master
            bmc:
              address: ipmi://<out-of-band-ip> 3
              username: <user>
              password: <password>
            bootMACAddress: <NIC1-mac-address>
            hardwareProfile: default
          - name: <openshift-master-2>
            role: master
            bmc:
              address: ipmi://<out-of-band-ip> 4
              username: <user>
              password: <password>
            bootMACAddress: <NIC1-mac-address>
            hardwareProfile: default
          - name: <openshift-worker-0>
            role: worker
            bmc:
              address: ipmi://<out-of-band-ip> 5
              username: <user>
              password: <password>
            bootMACAddress: <NIC1-mac-address>
            hardwareProfile: unknown
          - name: <openshift-worker-1>
            role: worker
            bmc:
              address: ipmi://<out-of-band-ip>
              username: <user>
              password: <password>
            bootMACAddress: <NIC1-mac-address>
            hardwareProfile: unknown
    pullSecret: '<pull_secret>'
    sshKey: '<ssh_pub_key>'
    1
    OpenShift Container Platform クラスターの一部であるワーカーノードの数に基づいてワーカーマシンをスケーリングします。
    2 3 4 5
    その他のオプションについては、BMC アドレス指定のセクションを参照してください。
  2. クラスター設定を保存するディレクトリーを作成します。

    $ mkdir ~/clusterconfigs
    $ cp install-config.yaml ~/clusterconfigs
  3. OpenShift Container Platform クラスターをインストールする前に、すべてのベアメタルノードの電源がオフになっていることを確認します。

    $ ipmitool -I lanplus -U <user> -P <password> -H <management-server-ip> power off
  4. 以前に試行したデプロイメントにより古いブートストラップリソースが残っている場合は、これを削除します。

    for i in $(sudo virsh list | tail -n +3 | grep bootstrap | awk {'print $2'});
    do
      sudo virsh destroy $i;
      sudo virsh undefine $i;
      sudo virsh vol-delete $i --pool $i;
      sudo virsh vol-delete $i.ign --pool $i;
      sudo virsh pool-destroy $i;
      sudo virsh pool-undefine $i;
    done