14.3.15. レジストリーストレージの作成

クラスターのインストール後に、レジストリー Operator のストレージを作成する必要があります。

14.3.15.1. インストール時に削除されたイメージレジストリー

共有可能なオブジェクトストレージを提供しないプラットフォームでは、OpenShift イメージレジストリー Operator 自体が Removed としてブートストラップされます。これにより、openshift-installer がそれらのプラットフォームタイプでのインストールを完了できます。

インストール後に、イメージレジストリー Operator 設定を編集して managementStateRemoved から Managed に切り替える必要があります。

注記

Prometheus コンソールは、以下のような ImageRegistryRemoved アラートを提供します。

"Image Registry has been removed.ImageStreamTags, BuildConfigs and DeploymentConfigs which reference ImageStreamTags may not work as expected.ストレージを設定して、configs.imageregistry.operator.openshift.io を編集して設定を Managed 状態に更新してください。