11.2. ネットワークが制限された環境での IBM Power Systems へのクラスターのインストール

OpenShift Container Platform バージョン 4.7 では、クラスターをネットワークが制限された環境でプロビジョニングする IBM Power Systems インフラストラクチャーにインストールできます。

重要

ベアメタルプラットフォーム以外の場合には、追加の考慮点を検討する必要があります。OpenShift Container Platform クラスターをインストールする前に、「guidelines for deploying OpenShift Container Platform on non-tested platforms」にある情報を確認してください。

前提条件

  • ネットワークが制限された環境でインストールのミラーレジストリーを作成し、お使いの OpenShift Container Platform のバージョンの imageContentSources データを取得します。
  • インストールプロセスを開始する前に、既存のインストールファイルを移動するか、または削除する必要があります。これにより、インストールプロセス時に必要なインストールファイルが作成され、更新されます。

    重要

    インストールメディアにアクセスできるマシンでインストール手順が実行されるようにします。

  • クラスターの 永続ストレージ をプロビジョニングします。プライベートイメージレジストリーをデプロイするには、ストレージで ReadWriteMany アクセスモードを指定する必要があります。
  • OpenShift Container Platform のインストールおよび更新プロセスについての詳細を確認します。
  • ファイアウォールを使用し、Telemetry を使用する予定がある場合は、クラスターがアクセスする必要のあるサイトを許可するようにファイアウォールを設定する必要があります。

    注記

    プロキシーを設定する場合は、このサイト一覧も確認してください。

11.2.1. ネットワークが制限された環境でのインストールについて

OpenShift Container Platform 4.7 では、ソフトウェアコンポーネントを取得するためにインターネットへのアクティブな接続を必要としないインストールを実行できます。ネットワークが制限された環境のインストールは、クラスターのインストール先となるクラウドプラットフォームに応じて、インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーまたはユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用して実行できます。

ネットワークが制限されたインストールを完了するには、OpenShift Container Platform レジストリーのコンテンツをミラーリングし、インストールメディアを含むレジストリーを作成する必要があります。このミラーは、インターネットと制限されたネットワークの両方にアクセスできるミラーホストで、または制限に対応する他の方法を使用して作成できます。

重要

ユーザーによってプロビジョニングされるインストールの設定は複雑であるため、ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用してネットワークが制限されたインストールを試行する前に、標準的なユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーを実行することを検討してください。このテストが完了すると、ネットワークが制限されたインストール時に発生する可能性のある問題の切り分けやトラブルシューティングがより容易になります。

11.2.1.1. その他の制限

ネットワークが制限された環境のクラスターには、以下の追加の制限および制約があります。

  • ClusterVersion ステータスには Unable to retrieve available updates エラーが含まれます。
  • デフォルトで、開発者カタログのコンテンツは、必要とされるイメージストリームタグにアクセスできないために使用できません。