3.6. 非接続環境の Cluster Samples Operator

非接続環境で Cluster Samples Operator を設定するには、クラスターのインストール後に追加の手順を実行する必要があります。以下の情報を確認し、準備してください。

3.6.1. ミラーリングの Cluster Samples Operator のサポート

インストール時に、OpenShift Container Platform は imagestreamtag-to-image という名前の設定マップを openshift-cluster-samples-operator namespace に作成します。imagestreamtag-to-image 設定マップには、各イメージストリームタグのエントリー (設定されるイメージ) が含まれます。

設定マップの data フィールドの各エントリーのキーの形式は、<image_stream_name>_<image_stream_tag_name> です。

OpenShift Container Platform の非接続インストール時に、Cluster Samples Operator のステータスは Removed に設定されます。これを Managed に変更することを選択する場合、サンプルがインストールされます。

この設定マップを、イメージストリームがインポートできるようにミラーリングする必要のあるイメージについての参照情報として使用できます。

  • Cluster Samples Operator が Removed に設定される場合、ミラーリングされたレジストリーを作成するか、または使用する必要のある既存のミラーリングされたレジストリーを判別できます。
  • 新しい設定マップをガイドとして使用し、ミラーリングされたレジストリーに必要なサンプルをミラーリングします。
  • Cluster Samples Operator 設定オブジェクトの skippedImagestreams 一覧に、ミラーリングされていないイメージストリームを追加します。
  • Cluster Samples Operator 設定オブジェクトの samplesRegistry をミラーリングされたレジストリーに設定します。
  • 次に、Cluster Samples Operator を Managed に設定し、ミラーリングしたイメージストリームをインストールします。