12.5. 独自の SR-IOV インフラストラクチャーを使用した OpenStack へのクラスターのインストール

OpenShift Container Platform 4.7 では、ユーザーによってプロビジョニングされたインフラストラクチャーで実行され、Single-root Input/Output Virtualization (SR-IOV) ネットワークを使用してコンピュートマシンを実行するクラスターを Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) にインストールできます。

独自のインフラストラクチャーを使用することで、クラスターを既存のインフラストラクチャーおよび変更と統合できます。このプロセスでは、インストーラーでプロビジョニングされるインストールの場合よりも多くの手作業が必要になります。Nova サーバー、Neutron ポート、セキュリティーグループなどのすべての RHOSP リソースを作成する必要があるためです。ただし、Red Hat では、デプロイメントプロセスを支援する Ansible Playbook を提供しています。

12.5.1. 前提条件

  • OpenShift Container Platform のインストールおよび更新 プロセスについての詳細を確認します。

    • OpenShift クラスターのサポートされているプラットフォームについてのセクションを使用し、OpenShift Container Platform 4.7 がお使いの RHOSP バージョンと互換性があることを確認します。RHOSP サポートマトリックスの OpenShift Container Platform を参照して、プラットフォームのサポートを異なるバージョン間で比較することもできます。
  • ネットワーク設定がプロバイダーのネットワークに依存しないことを確認します。プロバイダーネットワークはサポートされません。
  • OpenShift Container Platform をインストールする RHOSP アカウントがあります。
  • インストールプログラムを実行するマシンには、以下が含まれます。

    • インストールプロセス時に作成したファイルを保持できる単一ディレクトリー
    • Python 3