4.2. AWS アカウントの設定

OpenShift Container Platform をインストールする前に、Amazon Web Services (AWS) アカウントを設定する必要があります。

4.2.1. Route 53 の設定

OpenShift Container Platform をインストールするには、使用する Amazon Web Services (AWS) アカウントに、Route 53 サービスの専用のパブリックホストゾーンが必要になります。このゾーンはドメインに対する権威を持っている必要があります。Route 53 サービスは、クラスターへの外部接続のためのクラスターの DNS 解決および名前検索を提供します。

手順

  1. ドメイン、またはサブドメイン、およびレジストラーを特定します。既存のドメインおよびレジストラーを移行するか、または AWS または他のソースから新規のものを取得できます。

    注記

    AWS で新規ドメインを購入する場合、関連する DNS の変更が伝播するのに時間がかかります。AWS 経由でドメインを購入する方法についての詳細は、AWS ドキュメントの「Registering Domain Names Using Amazon Route 53」を参照してください。

  2. 既存のドメインおよびレジストラーを使用している場合、その DNS を AWS に移行します。AWS ドキュメントの「Making Amazon Route 53 the DNS Service for an Existing Domain」を参照してください。
  3. ドメインまたはサブドメインのパブリックホストゾーンを作成します。AWS ドキュメントの「Creating a Public Hosted Zone」を参照してください。

    openshiftcorp.com などのルートドメインや、 clusters.openshiftcorp.com などのサブドメインを使用します。

  4. ホストゾーンレコードから新規の権威ネームサーバーを抽出します。AWS ドキュメントの「Getting the Name Servers for a Public Hosted Zone」を参照してください。
  5. ドメインが使用する AWS Route 53 ネームサーバーのレジストラーレコードを更新します。たとえば、別のアカウントを使ってドメインを Route 53 サービスに登録している場合は、AWS ドキュメントの「Adding or Changing Name Servers or Glue Records」のトピックを参照してください。
  6. サブドメインを使用している場合は、その委任レコードを親ドメインに追加します。これにより、サブドメインの Amazon Route 53 の責任が付与されます。親ドメインの DNS プロバイダーによって要約された委任手順に従います。ハイレベルの手順の例については、AWS ドキュメントの「Creating a subdomain that uses Amazon Route 53 as the DNS service without migrating the parent domain」を参照してください。

4.2.1.1. AWS Route 53 の Ingress Operator エンドポイント設定

Amazon Web Services (AWS) GovCloud (US) US-West または US-East リージョンのいずれかにインストールする場合、Ingress Operator は Route53 およびタグ付けする API クライアントに us-gov-west-1 リージョンを使用します。

Ingress Operator は、タグ付けするエンドポイントが 文字列 'us-gov-east-1' を含むように設定される場合、タグ付けする API エンドポイントとして https://tagging.us-gov-west-1.amazonaws.com を使用します。

AWS GovCloud (US) エンドポイントについての詳細は、GovCloud (US) についての AWS ドキュメントの Service Endpoints について参照してください。

重要

us-gov-east-1 リージョンにインストールする場合、プライベート、非接続インストールは AWS GovCloud ではサポートされません。

Route 53 設定の例

platform:
  aws:
    region: us-gov-west-1
    serviceEndpoints:
    - name: ec2
      url: https://ec2.us-gov-west-1.amazonaws.com
    - name: elasticloadbalancing
      url: https://elasticloadbalancing.us-gov-west-1.amazonaws.com
    - name: route53
      url: https://route53.us-gov.amazonaws.com 1
    - name: tagging
      url: https://tagging.us-gov-west-1.amazonaws.com 2

1
Route 53 は、AWS GovCloud (US) リージョンの両方で https://route53.us-gov.amazonaws.comにデフォルト設定されます。
2
US-West リージョンのみにタグ付けするためのエンドポイントがあります。クラスターが別のリージョンにある場合は、このパラメーターを省略します。