9.2.8. Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンの作成

プロビジョニングする IBM Z インフラストラクチャーにクラスターをインストールする前に、クラスターが使用する RHCOS を z/VM ゲスト仮想マシンにインストールする必要があります。マシンを作成するには、以下の手順を実行します。

前提条件

  • 作成するマシンがアクセスできるプロビジョニングマシンで稼働している HTTP または HTTPS サーバー。

手順

  1. プロビジョニングマシンで Linux にログインします。
  2. RHCOS イメージミラーから Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) カーネル、 initramfs および rootfs ファイルを取得します。

    重要

    RHCOS イメージは OpenShift Container Platform の各リリースごとに変更されない可能性があります。インストールする OpenShift Container Platform バージョンと等しいか、それ以下のバージョンの内で最も新しいバージョンのイメージをダウンロードする必要があります。この手順で説明されている適切な kernel、initramfs、および rootfs アーティファクトのみを使用します。

    ファイル名には、OpenShift Container Platform のバージョン番号が含まれます。以下の例のようになります。

    • kernel: rhcos-<version>-live-kernel-<architecture>
    • initramfs: rhcos-<version>-live-initramfs.<architecture>.img
    • rootfs: rhcos-<version>-live-rootfs.<architecture>.img

      注記

      rootfs イメージは FCP および DASD の場合と同じです。

  3. パラメーターファイルを作成します。以下のパラメーターは特定の仮想マシンに固有のものです。

    • ip=には、以下の 7 つのエントリーを指定します。

      1. マシンの IP アドレス。
      2. 空の文字列。
      3. ゲートウェイ。
      4. ネットマスク。
      5. hostname.domainname 形式のマシンホストおよびドメイン名。この値を省略して、RHCOS に決定させるようにします。
      6. ネットワークインターフェース名。この値を省略して、RHCOS に決定させるようにします。
      7. 静的 IP アドレスを使用する場合、 none を指定します。
    • coreos.inst.ignition_url= の場合、マシンロールの Ignition ファイルを指定します。bootstrap.ignmaster.ign、または worker.ign を使用します。HTTP プロトコルおよび HTTPS プロトコルのみがサポートされます。
    • coreos.live.rootfs_url= の場合、起動しているカーネルおよび initramfs の一致する rootfs アーティファクトを指定します。HTTP プロトコルおよび HTTPS プロトコルのみがサポートされます。
    • DASD タイプのディスクへのインストールには、以下のタスクを実行します。

      1. coreos.inst.install_dev= には、dasda を指定します。
      2. rd.dasd= を使用して、 RHCOS がインストールされる DASD を指定します。
      3. その他のパラメーターはすべて変更しません。

        ブートストラップマシンのパラメーターファイルのサンプル bootstrap-0.parm:

        rd.neednet=1 dfltcc=off console=ttysclp0 coreos.inst.install_dev=dasda coreos.live.rootfs_url=http://
        cl1.provide.example.com:8080/assets/rhcos-live-rootfs.s390x.img
        coreos.inst.ignition_url=http://cl1.provide.example.com:8080/ignition/bootstrap.ign
        ip=172.18.78.2::172.18.78.1:255.255.255.0:::none nameserver=172.18.78.1
        rd.znet=qeth,0.0.bdf0,0.0.bdf1,0.0.bdf2,layer2=1,portno=0 zfcp.allow_lun_scan=0 cio_ignore=all,
        !condev rd.dasd=0.0.3490
        注記

        IBM z15 および LinuxONE III には、dfltcc=off が必要です。

    • FCP タイプのディスクへのインストールには、以下のタスクを実行します。

      1. rd.zfcp=<adapter>,<wwpn>,<lun> を使用して RHCOS がインストールされる FCP ディスクを指定します。マルチパスの場合、それぞれの追加のステップについてこのステップを繰り返します。
      2. マルチパスの場合は、rd.multipath=default パラメーターを設定します。
      3. マルチパスの場合は、インストールデバイスを coreos.inst.install_dev=/dev/mapper/mpatha として設定します。
      4. 単一パスのインストールの場合は、インストールデバイスを coreos.inst.install_dev=sda として設定します。

        注記

        追加の LUN が NPIV で設定される場合は、FCP に zfcp.allow_lun_scan=0 が必要です。CSI ドライバーを使用するために zfcp.allow_lun_scan=1 を有効にする必要がある場合などには、各ノードが別のノードのブートパーティションにアクセスできないように NPIV を設定する必要があります。

      5. その他のパラメーターはすべて変更しません。

        重要

        マルチパスを完全に有効にするには、インストール後の追加の手順が必要です。詳細は、インストール後のマシン設定タスク の「RHCOS でのカーネル引数を使用したマルチパスの有効化」について参照してください。

        以下は、マルチパスが設定されたワーカーノードのパラメーターファイルのサンプル worker-1.parm です。

        rd.neednet=1 dfltcc=off rd.multipath=default console=ttysclp0 coreos.inst.install_dev=/dev/mapper/mpatha
        coreos.live.rootfs_url=http://cl1.provide.example.com:8080/assets/rhcos-live-rootfs.s390x.img
        coreos.inst.ignition_url=http://cl1.provide.example.com:8080/ignition/worker.ign
        ip=172.18.78.2::172.18.78.1:255.255.255.0:::none nameserver=172.18.78.1
        rd.znet=qeth,0.0.bdf0,0.0.bdf1,0.0.bdf2,layer2=1,portno=0 zfcp.allow_lun_scan=0 cio_ignore=all,
        !condev
        rd.zfcp=0.0.1987,0x50050763070bc5e3,0x4008400B00000000
        rd.zfcp=0.0.19C7,0x50050763070bc5e3,0x4008400B00000000
        rd.zfcp=0.0.1987,0x50050763071bc5e3,0x4008400B00000000
        rd.zfcp=0.0.19C7,0x50050763071bc5e3,0x4008400B00000000
        注記

        IBM z15 および LinuxONE III には、dfltcc=off が必要です。

  4. FTP などを使用し、initramfs、kernel、パラメーターファイル、および RHCOS イメージを z/VM に転送します。FTP でファイルを転送し、仮想リーダーから起動する方法については、「Z/VM 環境へのインストール」を参照してください。
  5. ブートストラップノードになる z/VM ゲスト仮想マシンの仮想リーダーに対してファイルの punch を実行します。

    IBM Knowledge Center で PUNCH を参照してください。

    ヒント

    CP PUNCH コマンドを使用するか、Linux を使用している場合は、 vmur コマンドを使用して 2 つの z/VM ゲスト仮想マシン間でファイルを転送できます。

  6. ブートストラップマシンで CMS にログインします。
  7. リーダーからブートストラップマシンに対して IPL を実行します。

    $ ipl c

    IBM Knowledge Center で IPL を参照してください。

  8. クラスター内の他のマシンについてこの手順を繰り返します。

9.2.8.1. 詳細の RHCOS インストールリファレンス

このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) の手動インストールプロセスを変更できるようにするネットワーク設定および他の高度なオプションについて説明します。以下の表では、RHCOS ライブインストーラーおよび coreos-installer コマンドで使用できるカーネル引数およびコマンドラインのオプションを説明します。

RHCOS ブートプロンプトでのルーティングおよびボンディングのオプション

ISO イメージから RHCOS をインストールする場合、そのイメージを起動してノードのネットワークを設定する際に手動でカーネル引数を追加できます。ネットワークの引数が使用される場合、インストールはデフォルトで DHCP を使用するように設定されます。

重要

ネットワーク引数を追加する場合、rd.neednet=1 カーネル引数も追加する必要があります。

以下の表では、ライブ ISO インストールに ip=nameserver=、および bond= カーネル引数を使用する方法を説明します。

注記

順序は、カーネル引数の ip=nameserver=、および bond= を追加する場合に重要です。

ISO のルーティングおよびボンディングのオプション

以下の表は、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) ノードのネットワーク設定の例を示しています。これらは、システムの起動時に dracut ツールに渡されるネットワークオプションです。dracut でサポートされるネットワークオプションの詳細は、man ページの dracut.cmdline を参照してください。

説明

IP アドレスを設定するには、DHCP (ip=dhcp) を使用するか、または個別の静的 IP アドレス (ip=<host_ip>) を設定します。次に、各ノードの DNS サーバーの IP アドレス (nameserver=<dns_ip>) を特定します。この例では、以下を設定します。

  • ノードの IP アドレス: 10.10.10.2
  • ゲートウェイアドレス: 10.10.10.254
  • ネットワーク: 255.255.255.0
  • ホスト名: core0.example.com
  • DNS サーバーアドレス: 4.4.4.41
ip=10.10.10.2::10.10.10.254:255.255.255.0:core0.example.com:enp1s0:none
nameserver=4.4.4.41

複数の ip= エントリーを指定して、複数のネットワークインターフェースを指定します。

ip=10.10.10.2::10.10.10.254:255.255.255.0:core0.example.com:enp1s0:none
ip=10.10.10.3::10.10.10.254:255.255.255.0:core0.example.com:enp2s0:none

オプション: rd.route= value を設定して、追加のネットワークへのルートを設定できます。

追加のネットワークゲートウェイがプライマリーネットワークゲートウェイと異なる場合、デフォルトゲートウェイはプライマリーネットワークゲートウェイである必要があります。

デフォルトゲートウェイを設定するには、以下の手順に従います。

ip=::10.10.10.254::::

追加ネットワークのルートを設定するには、以下を実行します。

rd.route=20.20.20.0/24:20.20.20.254:enp2s0

2 つ以上のネットワークインターフェースがあり、1 つのインターフェースのみが使用される場合などに、1 つのインターフェースで DHCP を無効にします。

ip=10.10.10.2::10.10.10.254:255.255.255.0:core0.example.com:enp1s0:none
ip=::::core0.example.com:enp2s0:none

複数のネットワークインターフェースを持つシステムで、DHCP および静的 IP 設定を組み合わせることができます。

ip=enp1s0:dhcp
ip=10.10.10.2::10.10.10.254:255.255.255.0:core0.example.com:enp2s0:none

オプション: vlan= パラメーターを使用して、個別のインターフェースに VLAN を設定できます。

ネットワークインターフェースに VLAN を設定し、静的 IP アドレスを使用するには、以下を実行します。

ip=10.10.10.2::10.10.10.254:255.255.255.0:core0.example.com:enp2s0.100:none
vlan=enp2s0.100:enp2s0

ネットワークインターフェース上に VLAN を設定し、DHCP を使用するには、以下を行います。

ip=enp2s0.100:dhcp
vlan=enp2s0.100:enp2s0

各サーバーに nameserver= エントリーを追加して、複数の DNS サーバーを指定できます。

nameserver=1.1.1.1
nameserver=8.8.8.8

オプション: 複数のネットワークインターフェースを単一のインターフェースにボンディングすることは、bond= オプションを使用によってサポートされます。次の 2 つの例では、以下のようになります。

  • ボンディングされたインターフェースを設定する構文は bond=name[:network_interfaces][:options] です。
  • name は、ボンディングデバイス名 (bond0) で、network_interfaces は物理(イーサネット)インターフェース (em1,em2) のコンマ区切り一覧を表します。options はボンディングオプションのコンマ区切りの一覧です。modinfo bonding を入力して、利用可能なオプションを表示します。
  • Bond= を使用してボンディングされたインターフェースを作成する場合は、IP アドレスの割り当て方法とボンディングされたインターフェースのその他の情報を指定する必要があります。

DHCP を使用するようにボンディングされたインターフェースを設定するには、ボンドの IP アドレスを dhcp に設定します。以下は例になります。

bond=bond0:em1,em2:mode=active-backup
ip=bond0:dhcp

静的 IP アドレスを使用するようにボンディングされたインターフェースを設定するには、必要な特定の IP アドレスと関連情報を入力します。以下は例になります。

bond=bond0:em1,em2:mode=active-backup
ip=10.10.10.2::10.10.10.254:255.255.255.0:core0.example.com:bond0:none

オプション: vlan= パラメーターを使用して、ボンディングされたインターフェースに VLAN を設定できます。

ボンディングされたインターフェースを VLAN で設定し、DHCP を使用するには、以下を行います。

ip=bond0.100:dhcp
bond=bond0:em1,em2:mode=active-backup
vlan=bond0.100:bond0

ボンディングされたインターフェースを VLAN で設定し、静的 IP アドレスを使用するには、以下を行います。

ip=10.10.10.2::10.10.10.254:255.255.255.0:core0.example.com:bond0.100:none
bond=bond0:em1,em2:mode=active-backup
vlan=bond0.100:bond0