10.2.10. フルインストール: Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンの作成

プロビジョニングする IBM Z インフラストラクチャーにクラスターをインストールする前に、クラスターが使用する RHCOS を Red Hat Enterprise Linux (RHEL) ゲスト仮想マシンとしてインストールする必要があります。新規 QEMU copy-on-write (QCOW2) ディスクイメージのフルインストールでマシンを作成するには、以下の手順を実施します。

前提条件

  • KVM を使用して RHEL 8.3 を実行している 1 つ以上の LPAR(この手順では RHEL KVM ホストと呼ばれます)。
  • KVM/QEMU ハイパーバイザーが RHEL KVM ホストにインストーされている
  • ノードのホスト名および逆引き参照を実行できるドメインネームサーバー (DNS)。
  • HTTP または HTTPS サーバーが設定されている。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの「製品のダウンロード」ページ、または「RHCOS イメージミラー」ページから RHEL カーネル、initramfs、および rootfs ファイルを取得します。

    重要

    RHCOS イメージは OpenShift Container Platform の各リリースごとに変更されない可能性があります。インストールする OpenShift Container Platform バージョンと等しいか、それ以下のバージョンの内で最も新しいバージョンのイメージをダウンロードする必要があります。この手順で説明されている適切な RHCOS QCOW2 イメージのみを使用します。

    ファイル名には、OpenShift Container Platform のバージョン番号が含まれます。以下の例のようになります。

    • kernel: rhcos-<version>-live-kernel-<architecture>
    • initramfs: rhcos-<version>-live-initramfs.<architecture>.img
    • rootfs: rhcos-<version>-live-rootfs.<architecture>.img
  2. virt-install を起動する前に、ダウンロードした RHEL ライブカーネル、initramfs、および rootfs、および Ignition ファイルを HTTP または HTTPS サーバーに移動します。

    注記

    Ignition ファイルは OpenShift Container Platform インストーラーによって生成されます。

  3. RHEL カーネル、initramfs、および Ignition ファイル、新規ディスクイメージ、および調整された parm 引数を使用して、新規 KVM ゲストノードを作成します。

    • --location には、HTTP サーバーまたは HTTPS サーバーのカーネル/initrd の場所を指定します。
    • coreos.inst.ignition_url= の場合、マシンロールの Ignition ファイルを指定します。bootstrap.ignmaster.ign、または worker.ign を使用します。HTTP プロトコルおよび HTTPS プロトコルのみがサポートされます。
    • coreos.live.rootfs_url= の場合、起動しているカーネルおよび initramfs の一致する rootfs アーティファクトを指定します。HTTP プロトコルおよび HTTPS プロトコルのみがサポートされます。

      $ virt-install \
         --connect qemu:///system \
         --name {vn_name} \
         --vcpus {vcpus} \
         --memory {memory_mb} \
         --disk {vn_name}.qcow2,size={image_size| default(10,true)} \
         --network network={virt_network_parm} \
         --boot hd \
         --location {media_location},kernel={rhcos_kernel},initrd={rhcos_initrd} \
         --extra-args "rd.neednet=1 dfltcc=off coreos.inst=yes coreos.inst.install_dev=vda coreos.live.rootfs_url={rhcos_liveos} ip={ip}::{default_gateway}:{subnet_mask_length}:{vn_name}:enc1:none:{MTU} nameserver={dns} coreos.inst.ignition_url={rhcos_ign}" \
         --noautoconsole \
         --wait
      注記

      IBM z15 および LinuxONE III には、dfltcc=off が必要です。