7.2.13.3.3. Ignition 設定の特定

RHCOS の手動インストールを実行する場合、提供できる Ignition 設定には 2 つのタイプがあり、それぞれを提供する理由もそれぞれ異なります。

  • Permanent install Ignition config: すべての手動の RHCOS インストールは、bootstrap.ignmaster.ign、および worker.ign などの openshift-installer が生成した Ignition 設定ファイルのいずれかを渡し、インストールを実行する必要があります。

    重要

    これらのファイルを変更することは推奨されません。

    PXE インストールの場合、coreos.inst.ignition_url= オプションを使用して、APPEND 行に Ignition 設定を渡します。ISO インストールの場合、シェルプロンプトで ISO を起動した後に、--ignition-url= オプションを指定した coreos-installer コマンドラインで Ignition 設定を特定します。いずれの場合も、HTTP プロトコルおよび HTTPS プロトコルのみがサポートされます。

  • Live install Ignition config: このタイプは手動で作成され、Red Hat でサポートされていないため、可能な場合は使用しないようにする必要があります。この方法では、Ignition 設定はライブインストールメディアに渡され、起動時にすぐに実行され、RHCOS システムのディスクへのインストール前後にセットアップタスクを実行します。この方法は、マシン設定を使用して実行できない高度なパーティション設定など、一度の適用後に再度適用する必要のないタスクの実行にのみ使用する必要があります。

    PXE または ISO ブートの場合、Ignition 設定を作成し、ignition.config.url= オプションに対して APPEND を実行し、 Ignition 設定の場所を特定できます。また、ignition.firstboot ignition.platform.id=metal も追加する必要があります。追加しない場合は、ignition.config.url が無視されます。

7.2.13.3.3.1. RHCOS ISO への Ignition 設定の埋め込み

ライブインストール Ignition 設定を RHCOS ISO イメージに直接埋め込むことができます。ISO イメージが起動すると、埋め込み設定が自動的に適用されます。

手順

  1. 以下のイメージミラーページから coreos-installer バイナリーをダウンロードします: https://mirror.openshift.com/pub/openshift-v4/clients/coreos-installer/latest/
  2. RHCOS ISO イメージおよび Ignition 設定ファイルを取得し、それらを /mnt などのアクセス可能なディレクトリーにコピーします。

    # cp rhcos-<version>-live.x86_64.iso bootstrap.ign /mnt/
    # chmod 644 /mnt/rhcos-<version>-live.x86_64.iso
  3. 以下のコマンドを実行して Ignition 設定を ISO に埋め込みます。

    # ./coreos-installer iso ignition embed -i /mnt/bootstrap.ign \
         /mnt/rhcos-<version>-live.x86_64.iso

    その ISO を使用して、指定されたライブインストール Ignition 設定を使用して RHCOS をインストールできるようになります。

    重要

    coreos-installer iso ignition embed を使用して、openshift-installer によって生成されるファイル (例: bootstrap.ignmaster.ign および worker.ign) を埋め込むことはサポートされておらず、かつ推奨されていません。

  4. 埋め込み Ignition 設定の内容を表示し、これをファイルに転送するには、以下を実行します。

    # ./coreos-installer iso ignition show /mnt/rhcos-<version>-live.x86_64.iso > mybootstrap.ign
    # diff -s bootstrap.ign mybootstrap.ign

    出力例

    Files bootstrap.ign and mybootstrap.ign are identical

  5. Ignition 設定を削除し、再利用できるように ISO をその初期状態に戻すには、以下を実行します。

    # ./coreos-installer iso ignition remove /mnt/rhcos-<version>-live.x86_64.iso

    別の Ignition 設定を ISO に埋め込むか、または ISO を初期状態で使用することができるようになりました。