7.3.10. chrony タイムサービスの設定

chrony タイムサービス (chronyd) で使用されるタイムサーバーおよび関連する設定は、chrony.conf ファイルのコンテンツを変更し、それらのコンテンツをマシン設定としてノードに渡して設定する必要があります。

手順

  1. chrony.conf ファイルのコンテンツを作成し、これを base64 でエンコードします。以下は例になります。

    $ cat << EOF | base64
        pool 0.rhel.pool.ntp.org iburst 1
        driftfile /var/lib/chrony/drift
        makestep 1.0 3
        rtcsync
        logdir /var/log/chrony
    EOF
    1
    DHCP サーバーが提供するものなど、有効な到達可能なタイムソースを指定します。

    出力例

    ICAgIHNlcnZlciBjbG9jay5yZWRoYXQuY29tIGlidXJzdAogICAgZHJpZnRmaWxlIC92YXIvbGli
    L2Nocm9ueS9kcmlmdAogICAgbWFrZXN0ZXAgMS4wIDMKICAgIHJ0Y3N5bmMKICAgIGxvZ2RpciAv
    dmFyL2xvZy9jaHJvbnkK

  2. MachineConfig ファイルを作成します。base64 文字列を独自に作成した文字列に置き換えます。この例では、ファイルを master ノードに追加します。これを worker に切り替えたり、worker ロールの追加の MachineConfig を作成したりできます。クラスターが使用するそれぞれのタイプのマシンについて MachineConfig ファイルを作成します。

    $ cat << EOF > ./99-masters-chrony-configuration.yaml
    apiVersion: machineconfiguration.openshift.io/v1
    kind: MachineConfig
    metadata:
      labels:
        machineconfiguration.openshift.io/role: master
      name: 99-masters-chrony-configuration
    spec:
      config:
        ignition:
          config: {}
          security:
            tls: {}
          timeouts: {}
          version: 3.2.0
        networkd: {}
        passwd: {}
        storage:
          files:
          - contents:
              source: data:text/plain;charset=utf-8;base64,ICAgIHNlcnZlciBjbG9jay5yZWRoYXQuY29tIGlidXJzdAogICAgZHJpZnRmaWxlIC92YXIvbGliL2Nocm9ueS9kcmlmdAogICAgbWFrZXN0ZXAgMS4wIDMKICAgIHJ0Y3N5bmMKICAgIGxvZ2RpciAvdmFyL2xvZy9jaHJvbnkK
            mode: 420
            overwrite: true
            path: /etc/chrony.conf
      osImageURL: ""
    EOF
  3. 設定ファイルのバックアップコピーを作成します。
  4. 以下の 2 つの方法のいずれかで設定を適用します。

    • クラスターがまだ起動していない場合は、マニフェストファイルを生成した後に、そのファイルを <installation_directory>/openshift ディレクトリーに追加してから、クラスターの作成を継続します。
    • クラスターがすでに実行中の場合は、ファイルを適用します。

       $ oc apply -f ./99-masters-chrony-configuration.yaml